LINEモバイルは、2020年2月19日から新料金プランが開始されました。

この記事のチェックポイント?
  • LINEモバイルのプランの種類
  • 各プランの料金の変更
  • SNS設定が変わる

こちらのページでは、LINEモバイルの「旧と新」の「プラン、料金」簡単に比較し説明をしています。

格安SIMの中でもかなりの人気のLINEモバイルですが、特徴はメッセージングアプリの「LINE」をはじめ、SNSや「LINE MUSIC」の通信が一部無料になるゼロレーティング機能「データフリー」が機能が備わっています。

そんなLINEモバイルが新しいプランを設定しましたが、各プランにはメリットとデメリットが浮き彫りになっており、選び方によっては、月々の料金が変わってきます。

そこで、今回のページでは、できるだけLINEモバイルのプラン・料金を初心者の方でもわかるように説明していますので、気軽に見ていただけるとありがたいです。

LINEモバイル「旧・新プラン」ちょっとした違い

ぎょろめぎょろめ

「LINEモバイルの契約を考えてギョロ、でも前のプラント、新しいプランって、何がどう変わったギョロ??」

イッソイッソ

「2020年2月19日よりLINEモバイルの新プランとして『データSIM・音声SIM、SNS』の設定、月額料金が変更されています。」

まず新プランに”ベーシックプラン”と名が付きましたが、旧型にも名前がついていたかと言うと、ついていません。

なぜこのような新プラン名をつけたかと言うと単純に「旧or新」を区別し、ユーザーにわかりやすくするためと推測しています。

そして、ベーシックプラン名はあくまでも総合的な名前であり、この中に3種類のプラン名が設定されています。

ベーシックプラン
プラン名
  • LINEフリープラン
  • コミュニケーションフリープラン
  • MUSIC+プラン

3種類のプラン名は、新でも使われています。そして、旧プランでは標準でSNS(LINE、Twitter、Facebook、Instagram)が設定されていましたが、新はオプションとなります。

新プラン「ベーシックプラン」
プラン名
  • LINEフリープラン
  • コミュニケーションフリープラン
  • MUSIC+プラン

 

オプション名 SNS種類 特徴 料金
LINE
データフリー
  • LINE
3種類のプラン全てにLINEが設定され使い放題。 0円
SNS
データフリー
  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
LINE、Twitter、Facebookは「SNSデータフリー」、LINE、Twitter 280円
SNS音楽
データフリー
  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • LINE MUSIC
Facebook、Instagramに、もうワンランク上のプラン「SNS音楽データフリー」が設定 480円

このように、旧と新では、SNSのオプション設定、データ容量、料金などが変更されています。

では、シンプルに、「旧と新」プランを簡単にお話すると、このようになります。

旧プラン
  • LINEモバイルでは「LINEアプリ」の通信量をカウントしない「LINEフリープラン」が人気
  • 主要SNSの通信量をカウントしない「コミュニケーションフリー」
  • 主要SNSとLINE MUSICの通信量をカウントしない「MUSIC+」を提供
新プラン
  • 新プランでも、「LINEアプリ」の通信量はカウントしない
  • SNSとLINE MUSICのデータフリーはオプションサービスとして提供

基本的になりますが、上記の表にも記載しているデーターフリーは月々のデータ容量をカウントしないという意味で、LINEモバイルでは、SNSをデーターフリーで楽しめるのが特徴。

SNSの種類としては、旧型と同じく「LINE、Twitter、Facebook、Instagram」がデータフリーで利用可能ですが、新プランによっては設定されていないSNSもあります。

ようするにLINEモバイルの新プランでは、今までも使われていたプランは継続され、SNSのデータフリーの設定が変更され、オプション設定になり基本料金から外されています。

それでは、2020年2月に発表されたLINEモバイルの新プラン3種類を、旧プラントと比較しながらお話していきます。

新プラン「ベーシックプラン」
  • LINEフリープラン
  • コミュニケーションフリープラン
  • MUSIC+プラン

 

LINEフリープラン

今までのプランだった「(旧)LINEフリープラン」のデータ容量は、1GBのみ選択でした。

LINフリープラン
旧プラン 新プラン
データ データ
(SMS付)
音声通話 データ
(SMS付)
音声通話
500MB 600円 1,100円
1GB 500円 620円 1,200円
3GB 9,80円 1,480円
6GB 1,700円 2,200円
12GB 2,700円 3,200円

新プランのデータ容量の特徴は、旧では1GBのみセットされてい
のが外され、新しく「500MB、3GB、6GB、12GB」が設定となります。。

「LINEフリープラン」を選ぶポイントは、データー容量が変えたい人に、また、音声SIMの料金がさらに安くなっているので、オススメです。

そして、SNSオプション設定ではLINEアプリを選ぶことができ、データーフリーで楽しむことができます。

ただし、注意しておきたいのが、「LINEフリープラン」のSNSオプション設定の種類はLINEアプリのみとなります。

ぎょろめぎょろめ

「なんかスマホでLINEアプリだけって、寂しくないギョロかね?」

イッソイッソ

「そんな事はありませんよ」

LINEモバイルでは、LINEアプリをデータ通信量はカウントされず、利用できますので、「無料LINE通話、ビデオ通話、ゲーム」など応用が聞きます。

あとさらに 、旧「LINEフリープラン」ではSMS非対応・月額500円で1GB使えるデータSIMが特徴でした。しかし、新プランではSMS非対応が廃止されます。

つまり、LINEモバイルの最低利用料金は、データSIM(SMS付き)の500MB・600円(税抜)が一番安いことになります。

チェック
  • データ容量が「少ない、多い」が選べる
  • LINEアプリがオプション設定
  • 一番安いので600円(税抜)

コミュニケーションフリープラン

コミュニケーションフリープラン(相当)では、3GBを見ると完全に値上げになります。

コミュニケーションフリープラン
旧プラン 新プラン
データ
(SMS付)
音声通話 データ
(SMS付)
音声通話
500MB 1,690円 880円 1,380円
3GB 1,110円 2,200円 1,260円 1,760
5GB 1,640円
6GB 1,980円 2,480円
7GB 2,300円 2880円
10GB 2,640円 3,220円
12GB 2,980円 3,480円

つまり、旧プランで契約してる人は変更せず、そのまま持続していたほうが月々料金は得になります。

ただし、旧プランのデータ容量の種類は4種類のみでした。

新プランのデータ容量も同じ4種類ですが、500MB~12GBまで、幅広い設定となっています。

旧プランになかったところに入り込み、旧プランと比べてもちょうど間に入る価格になっています。

今まで旧プランのデータ容量の7GBを選んでいた人で、毎月データ容量があまり、翌月に移動しているような余裕があれば、新プランに変更して6GBするという考えもアリです。そうすると、月々料金が320円(データSIM)、または400円(音声SIM)安くなるので、コスト面を考えてもいいと思います。

あと、ちょっとだけ”しょんぼりポイント”があります。

それが旧プランの「コミュニケーションフリー」には4種類のSNS
がデータフリーが設定されていましたが、新プランでは3種類のSNSがデータフリーのサービスが設定され、今回はインスタグラムが外れています。

新コミュニケーションフリーのSNS
  • LINE
  • Twitter
  • Facebook

LINEモバイルの中級クラス「コミュニケーションフリー」では、画像や動画などのデータ使用量が多いインスタグラは外されています。

この外された理由として、LINEモバイルの副社長の今村氏がこのようにコメントしています。

「Instagramは密なコミュニケーションメッセージ以上のものが含まれるため、カテゴライズしなかった」

日経XTECH:引用

ようするに、インスタグラムでは、他のSNSと比べ画像や動画などの通信量が多く、料金ではコストが見合わないと判断した可能性が高いです。

ただし、LINEモバイルのユーザーは男女比率はほぼ半々で、18歳未満の申し込みの伸びが高く、これはインスタグラムを利用しているユーザと同じ。特に、20代で女性が多いとのことなので、いずれデーターフリーを検証してくれるはず。

ちなみに、LINEモバイルのワンランク上のプランにはインスタグラムは設定されています。

それから、「新コミュニケーションフリー」の月額料金に関しては、データ容量が増えているために、実質状値上がりとなっています。

細かく見ると、それぞれ「月額:70円」となり、微妙に上がっています。

MUSIC+プラン

(新)MUSIC+プランのポイントは、SNSオプションにインスタグラムが加わり、料金プランは旧にどのデータ容量を選んだかによって、価格差の明暗を分けます。

Music+プラン
旧プラン 新プラン
データ
(SMS付)
音声通話 データ
(SMS付)
音声通話
500MB 1,080円 1,580円
3GB 1,810円 2,390円 1,460円 1,960円
5GB 2,140円 2,720円
6GB 2,180円 2,680円
7GB 2,700円 2,280円
10GB 2,940円 3,520円
12GB 3,180円 3,680円

さきほど上部で「『(新)コミュニケーションフリー』では月額料金が上がっています」とお話していますが、『(新)MUSIC+プラン』の3GBでは完全に値下げになっています。

そのために、(旧)で設定した人は、(新)MUSIC+プランの3GBに変えたほうが安くすみます。

それから、毎月5GBのデータ容量がたりていなと感じている人がいれば、1GB上げて(新)MUSIC+プランの6GBを選ぶと月々料金が安くすみます。

ただし、(旧)で7GBを利用して、(新)で6GBのプランを選ぶと月料金が2180円(データ)となります。

つまり、何を言いたいかと言いますと、1GBの料金がプランにより約50~500円と、かなりバラツキがありますので、一番は、あなた自身が、月にだいたいどれくらいのデータ容量を使うかを理解した上で、データ容量を選びびましょう。

そうすれば、月の料金を安く済ませることができます。

 

新料金プランと旧料金プランどっちがお得?

2020年2月10日発表された、LINEモバイルの新料金プランについて、新旧どちらのプランがお得かは、選択するプランやご自身の使い方によって変わってきます。

旧プランの方にお得なプランとして、「LINEのみでOK+月々料金を安くしたい」そんな人には「LINEフリープラン、1GB」がおすすめ。LINEモバイルのプランの中で、一番安くLINEをデーターフリーで楽しめます。

LINフリープラン
(プラン名)
旧プラン
データ データ
(SMS付)
音声通話
1GB 500円 620円 1,200円

また新プランでお得なのは3GB以上です。3GBプランは業界最安値。データフリーの節約効果もあります

LINEをしつつ、暇な時間に動画をチョビチョビ見たいという方なら、同じプランでデータ容量を一つ、二つ上げると、安く楽しい時間を過ごせます。
「LINEフリー、3GB」も継続して使える価格かと思います。

 

 

自分にあったデータ容量、SNSを選ぶ!

今回のページでは、2020年2月19日から新しく切り替わったLINEモバイルの新プランのお話しました。

ぎょろめぎょろめ

「話が長かったギョロ、でも、ようするに自分にあったデータ容量やSNSをちゃんと考えて選べて、料金が安くすむギョロね」

イッソイッソ

「そのとおりです」

新プランでは、完全に値上がりというわけではなく、値下がりになる部分もありますので、
今まで利用していた人は、改めて検証するのも一つです。

それから、契約を考えている人は、おすすめのデータ容量3GBから始めても良いかと思います。

ぜひお悩みの解決に、参考にしていただくとありがたいです。