こんにちはです、こんばんはです。
少し前まで某大手キャリアでお仕事をしていたイッソです。

とつぜんですが、LINEモバイルの利用すると、”毎月いつ””どのようにして支払るか”ご存知でしょうか?

この記事”ちょっと読んで”わかること
  • LINEモバイルの締め日・請求日
  • 支払い方法ごとの引き落とし日
  • きめられた支払日に用意できなかったら?
  • 支払い方法は3種類
実は、先にお話をすると、LINEモバイルからは翌月にきめられた日に請求が届くのですが、支払い方法によっては、それぞれ違います。

しかも、この支払い方法によってポイント還元なども違ってきます。

でわ、最初に請求日のお話をして、その後支払日などを簡単にですが、お話していきます。

LINEモバイルの請求日は同じですが、支払日で変わる

ぎょろめぎょろめ

「あのぉお、元携帯会社で働いてたイッソさん、LINEモバイルの請求日って、いつになるギョロ?」

イッソイッソ

「請求日は翌月の5日です。」

1ヶ月分に契約しているデータ容量をLINEモバイルより翌日5日に請求がきます。

ただし、その請求日に料金が支払われるかは、その人の支払い方法によって異なります。

LINEモバイルの支払い方法
  • クレジットカード
  • LINE Pay
  • LINE Pay カード

たとえば、クレジットカードは、それぞれのカード会社が指定する引き落とし日に料金が支払うようになっています。

それぞれのカード会社の締め日と引き落とし日をまとめました。

クレジットカード会社
引き落とし日の一例
カード会社名 引き落とし日
VISA 翌月10日または26日の選択
Master 翌月10日または26日の選択
JCB 翌月10日
American Express 翌月10日
Diners Club 翌月10日
楽天カード 翌月27日

クレジットカードの場合は、翌々月の2ヶ月後に引き落とされるカード会社が多いです。

たとえば、楽天カードのクレジットカードは、8月5日にLINEモバイルの支払い日は、9月末に支払うといケースになります。

それからLINE Payカードは、クレジットカードではなくプリペードカードのため、毎月5日の請求日に、そのまま引き落としがされます。

LINEモバイルの請求日は翌月の5日ですが、利用している人の支払い方法により、お金の引き落とされる日付が微妙に異なります。

請求日にお金が振り込まれていないと15日に伸びる

LINEモバイルの請求日を忘れたり、お金を支払えないという理由で、
請求ができないという人もいるはずです。

翌日5日までに支払えないという人もいるはず。

実は、この日までに支払えない状況でも、すぐにLINEモバイルから通信回線ストップがくだされ、SNSやゲームなどが使えないわけでは有りません。

クレジットカードが何らかの原因で引き落としができない、およびLINE Payカードに料金が振り込まれていない、料金が足りないという状況もあるはず。

そんなときでも、LINEモバイルでは請求日から再度15日に引き落としがかかるように設定さます。

同月15日までに、LINEモバイルからメールが届きます。

件名:【LINEモバイル】お支払い方法変更のお願い
本文:いつもLINEモバイルをご利用いただきましてありがとうございます。請求の手続きをさせていただきましたが、ご登録いただいている支払方法で決済ができませんでした。15日に再請求をさせていただきますので、お手数ですが14日までに下記のページからログインいただき、有効な支払方法への変更、クレジットカード情報の更新、または別のクレジットカードの登録をお願いいたします。

クレジットカード・LINE Payカードのそれぞれの場所に料金を準備しておけば、自動的に引き落とされ、今まで通り、ネットを楽しめます。

とはいえ、この段階で契約時の月額料金が用意されていなければ、LINEモバイル側にお金が渡らず、ネット回線が止められてしまいますので、注意が必要です。

そのためLINEモバイルの料金は、格安SIMの中で”約600円~”とトップクラスで月額料金が安い!この料金が安いためか、ついつい支払いを忘れてしまうユーザーもいるために、ちょっとしたことですが注意しておきましょう。

お金を支払わないと契約が打ち切られる

ぎょろめぎょろめ

「LINEモバイルのお支払日は5日で、その日までお金を支払らわなければ15日まで伸ばしてくれるギョロよね?」

イッソイッソ

「そうです」

ぎょろめぎょろめ

「その15日もお金を用意しなかったらどうなるギョロ?」

イッソイッソ

「LINEモバイルより、契約が打ち切られてしまいます」

同月15日にまでに、再請求であるお金が用意できなかった場合、利用亭となりネットが使えなくなります。

15日早朝に再々請求が行われ、この段階で先月分の料金が用意できていなければ、LINEモバイル公式サイトよりお知らせが届きます。

このお知らせについては、スマホのトップに画面にダイアログ内に「決済できませんでした」と表示されます。

そして、15日の当日~翌日にかけて、LINEモバイルから料金未払いについてのメールが届きます。

【LINEモバイル】利用料金お支払いのおねがい」
と書いたメールが届きます。

メール内容をかいつまんでお話すると、このようになります。

  • Pay-easy(ペイジー)で利用料金を支払うよう書かれています。
  • Pay-easyの支払期日は当月の末日が指定されています。
  • この末日までにPay-easyにてお支払いがない場合、強制解約。
  • ちなみに、当月末日まで利用停止にはならずネットはつながっています。
Pay-easy(ペイジー)カンタン説明?
  • LINEモバイルの支払いだけでなく、税金、公共料金、各種料金などの支払いを「パソコン、スマホ、携帯電話、ATM」で可能なサービス。

このようなことを踏まえると、LINEモバイルから最初に指定された支払日の5日、さらに15日に支払わなくても、末日までは伸ばすことができます。

ただし、支払い期日までにpay-easyに登録をして、料金を支払わなければいけませんので、すこし面倒。そして、支払わなければ、最終的にはLINEモバイルの利用が停止され、スマホのネットが使えなくなります。

いろいろと理由はあるとは思いますが、クレジットカードやLINE Payカードは、登録するだけで、毎月自動で決済すむため、手間ははぶきたいところ。

通話料とデータ通信量の支払う月が違う!

LINEモバイルの音声通話を契約して、最初の支払い表を見たときに、予想よりも”安い”と感じた人がいたかも知れません。

しかし、契約したときの月々の値段は変わっておらず、単純に支払っている月がズレているために錯覚に陥っているだけです。

これは「データ容量、通信量(通話料)」の支払う月が違うためです。

たとえば、LINEモバイルの2月分の請求額が、3月5日に請求にきたとき、前月の利用料というのはデータ通信量やオプション費用のみになります。

そして、3月分の通話料は前々月分の4月に請求されます。

LINEモバイル
2月に請求された利用料
データ使用料 4月分
通話料 5月分

LINEモバイル公式サイトのマイページの料金支払いを開くと、注意事項の所にこのように記載されています。

・音声通話料金、SMS通信量はご利用翌月の下旬に確定したご利用翌々月に決済します。

確かに記載はされてはいますが、データー容量と通話料で支払う月が違うことについて、知らない人は多いかもしれません。

最終的には月額料金は支払うことになりますが、できることならば、利用したデータ量や通話料をまとめて1ヶ月分を表示してほしいですよね。

LINEモバイルの締め日はそれぞれの月の末日

ぎょろめぎょろめ

「¥LINEモバイルの締め日って、どういう意味ギョロ?お金となにか関係するギョロ?」

イッソイッソ

「締め日とは、会社ごとにもうけられた1ヶ月の支払日です。」
「もう少し簡単に言いますと、締め日は請求の1ヶ月のサイクルの最終日です。」

そのうえで、LINEモバイルの月額料金の締め日は末日に設定されています。

末日 1ヶ月の最後の日
締め日 1ヶ月の支払日
月の締め日 31日 1月、3月、5月、7月、8月、10月、12月
30日 4月、6月、9月、11月
28日・29日 2月

たとえば、10月の月額料金は、月初10月1日~月末最終日31日までの期間に利用した料金になります。

LINEモバイル
支払の流れ
締め日 3月31日
料金確定日 4月3日
請求日 4月5日
LINE Payカード
支払い日
4月5日
一部のクレジット
支払い日
4月5日、4月25日、4月30日、5月31日

※クレジットカード会社によって支払いに違うところがあります

ちなみにですが、LINEモバイルのオプション設定内に「締め日・引き落とし日」を変更するようなオプションは有りません。

つまりは、LINEモバイルの場合、月の最終日が締め日となり、その月の料金計算が締め切られ、翌月5日に請求日がメールなどで届き、カードで支払いとなります。

LINEモバイルの引き落とし日は支払い方法(カード)で変わる

ぎょろめぎょろめ

「LINEモバイルでお金を支払う場合って、請求日のときに支払うと理解していいの?」

イッソイッソ

「とても良い質問です!」

ただ、LINEモバイルの請求日(翌月5日)に、必ず支払われるわけではありません。

これは、LINEモバイルの支払われる方法のカードによって異なります。

3種類の支払い方法
  • クレジットカード
  • LINE Pay
  • LINE Payカード

”決済日”とよく勘違いされやすい”引き落とし日”ですが、こちらの意味は「あなたの口座からご利用代金が引き落とされる日」です。

そのため引き落とし日は、実際にあなたがLINEモバイルの支払いに利用しているカード「クレジットカード、LINE Pay、LINE Payカード」で、お金の支払う日で、それぞれ異なります。

特に、クレジットカードは他のカード会社が多く、それぞれ引き落としが異なるので、もしあなたがLINEモバイルの支払いに利用している場合は、把握しておかないと、支払い遅延といった事態になってしまうことも十分あります。

そういったことで、LINEモバイルの支払い方法「クレジットカード、LINEモバイル Payカード」の支払い方法をカンタンにですがお話ししていきます。

クレジットカードの引き落とし日:約2ヶ月後(クレカ会社による)

クレジットカードを利用して、LINEモバイルの月々の料金を支払っている場合の引き落とし日。

引き落とし日は、どのクレジットカード会社を使っているかで、支払日が大きく変わります。

LINEモバイルは翌月5日に請求を、利用者だけでなくクレジットカード会社にも送っており、この5日に料金を建て替えるで形が取られています。そして、クレジットカード会社があなたの登録している口座に請求し、引き落とされます。

このように、それぞれのクレジットカード会社によって、あなたの口座からお金が引き落とされる日が異なるわけです。

っということで、日本国内の有名クレジットカードの引き落とし日をまとめてみました。

クレジットカード
会社名
請求日 引き落とし
三井住友VISAカード 毎月15日または月末 翌月10日または26日
ライフカード 毎月5日 翌月27日または3日
ファミマTカード 毎月月末 翌々月1日
セブンカード 毎月15日 翌月10日
セディナカード 毎月末日 翌日27日
ジャックスカード 毎月末日 翌月27日
ケイハンカード 毎月5日 翌月27日
オリコカード 毎月末日 翌月27日
エポスカード 毎月27日または4日 毎月27日または4日
アメリカンエキスプレス カードの種類による カードの種類による
アプラスカード 毎月5日 翌月27日
UCカード 毎月10日 翌月5日
ACマスターカード 毎月20日 翌月6日
楽天カード 毎月末日 翌月27日
ローソンPontaカード 毎月月末 翌々月4日
ダイナースクラブカード 毎月20日 翌月10日
セゾンカード 毎月末日 翌々月4日
イオンカード 毎月10日 翌月2日
Yahoo!Japanカード 毎月末日 翌月27日
NICOSカード 毎月5日 翌月27日
MUFGカード 毎月15日 翌月10日
JCBカード 毎月15日 翌月10日

正確な引き落とし日はクレジットカード会社によって異なりますが、基本的に「請求日→引き落とし」くらいなことが多いです。

表はあくまでも例であり、記入ミスがあるかもしれませんので、同じクレジットカードを利用して、引き落とし日が違った場合は、よろしければコメント欄にてお知らせいただけると、ありがたいです。

また、表にクレジットカード会社が記載されていない場合は、LINEモバイルにてメールなどで連絡してもいいかと思います。

LINE Payの場合:翌月5日

LINE Payの引き落とし日は、翌月5日になります。

ぎょろめぎょろめ

「っというか、そのLINE Payって、何ギョロか?お金を支払うのはわかるギョロよ、詳しいことまではわからんギョロ」

イッソイッソ

「LINEモバイルの支払いには3種類あります」

LINEモバイルの支払い方法
  • クレジットカード
  • LINE Pay
  • LINE Payカード

この中で、「LINE Pay」と「LINE Payカード」の名前が似ているために、初心者の方で混同して何がどうなっているのかがわからず、支払日も理解していないということもあります。

カンタンに説明すると、このようになります。

LINE Pay スマホ決済サービス
LINE Payカード LINE Payが発行しているJCB対応のプラスチックカードのプリペイドカ

もう少しLINE Payにつきましてお話すると、こちらは名前のからわかるように、サービスの運営はLINE株式会社の子会社であるLINE Pay株式会社によって運営されています。

それから、支払い方法として、LINEアプリに組み込まれたモバイル送金・決済サービスとなっています。

この送金・決済では、銀行口座やクレジットカードに登録することでLINEモバイルの月々の支払いが行うことができ、この支払日が翌月5日となります。

LINE Payでの支払いは、手数料無料でポイント還元などメリットが多いためにおすすめです。

その他に、LINE Payでの支払い方法として「コード支払い」という、バーコードとQRコードの表示された画面で決済することもできます。

そのために、お店でのQRコード決済やオンラインショッピングに使ったりできるサービスです。

LINE Payが使える加盟店も格段に増え、2020年の段階で3600店舗となっておりますので、いろいろと応用ができ、利用のたびに還元ボーナスも貯めやすくなっています。

LINE Payカードの場合:翌月5日

続いては、LINE Payカードの支払日に関してですが、こちらもLINE Payと同じ日にちの翌月5日です。

ぎょろめぎょろめ

「LINE Payカードで支払う場合、その支払日までにお金を準備しておけば良いってことギャロね。」

イッソイッソ

「そのとおりです」

ぎょろめぎょろめ

「でも、どこにお金を用意しておけば良いギャロ?」

イッソイッソ

「対応の銀行口座、クレジットカード会社、コンビニATMになります」

LINE Payカードでは、クレジットカードとは異なり、引き落とし日と同じタイミングで残高からそのまま引き落とされます。

たとえば、利用している銀行口座に登録すると、LINE Payカードへのチャージで、オートチャージにしている場合(実質口座振替)でも、毎月5日に、LINEモバイルのデーター容量や通話料が引き落とされる仕組みになっています。

LINE Payカードでは他にも、「コンビニのレジでチャージする」などの選択肢もありますので、自分にあった方法を選ぶこともできます。

さらに、クレジットカードと比較してポイント還元率が高いLINE Payカードですので、ただLINEモバイルの月々の支払いとして利用するだけに終わるのではなく、効率よく使いましょう!

LINEモバイルの支払いはできるだけポイント重視で!

ぎょろめぎょろめ

「なるほど!LINEモバイルの請求日は、支払い方法でかわるギョロね!」

LINEモバイルの支払い方法
  • クレジットカード
  • LINE Pay
  • LINE Pay カード
イッソイッソ

「そうなりますね」

毎月、LINEモバイルを利用する中で、どの支払い方法を設定するかによって、引き落とされる日が異なってきますが、その支払い方法によっては、毎月のポイント還元率が大きく変わってくるため、できることならメリットの高い支払い方法を選びましょう!

そうすることで、LINEモバイルの支払いが安くなりますし、その他にも商品の購入にもつながります。

ということで、LINEモバイルの請求、支払いに関してのお話は以上になります。