こんにちわです。
某大手キャリアでスタッフをしていたイッソです。

いきなりですが、MNPってご存知ですかね?

 

大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)からLINEモバイルなどの格安SIM会社へ乗り換える時にMNPは必須条件。

逆にMNPに申し込んでいなければ、電話番号は引き継ぎません。

いろんなキャリアや格安SIM会社を私たちが好きに選べられるのは、非常に応用が効きますよね?!

ただし、MNPを使うための設定時期を間違えると、無駄なお金を払わされてしまう恐れがあります、、、

っということで今回はMNPについてお話をしていきたいと思います。

MNPの手続きの時期が大事!違約金を発生しないようにする

ぎょろめぎょろめ

「おいら、そのMNPって、すごい好き、番号を変えずに、違う会社にこっそりと乗り換えるのって、なんか好きギョロ」
「でも、お金とかは、支払わなければいけないギョロよね?」

イッソイッソ

「はい、必要な金額が2,000~3,000円です」

MNP転出手数料
キャリア名 手数料
ドコモ 2,000円
au 3,000円
ソフトバンク 3,000円

このように、キャリアによってMNPの手続の支払う金額は異なります。

そもそもなぜ、MNPでキャリアからLINEモバイルなど格安SIM事業者に電話番号を移すだけでお金がかかるのか?

現在契約している使用者のキャリアで設定されている番号を、そのまま変更せずに、他キャリアや格安SIM会社に移動するために、「MNP予約番号」と呼ばれる番号をそのまま他社に乗り換える手続きを専門の方が行ってくれます。

そして、新たに番号を移動する他社側に、新規契約を結ぶというMNP新規契約が行われています。

この2つの工程、他の業者が行うために、手数料として2,000円~3,000円がかかります。

9,500円解約金は支払いたくない!

MNP制度を利用するには、乗り換え元となる契約中のキャリアから「MNP予約番号」を取得する必要があります。

 

このMNP予約番号を乗り換え先のキャリアに伝えることで、番号を変えることなく、そのまま維持して使えることができます。

ぎょろめぎょろめ

「ん、なに?何も問題ないギョロ?」
「さっき、聞いた、2000円or3000円をキャリアさんに叩きつければ、それで解決するんギョロよね?」

イッソイッソ

「それは、あくまでも番号を変えずに新しい格安SIMで利用できる話」

キャリアを辞める時のタイミングを間違えると、9500円を支払わなければいけない可能性があります。

キャリアと契約すると、2年契約で途中で解約するとお金を支払わなければいけないということから、俗に”2年縛り”とも呼ばれています。

しかも、契約してから2年がすぎれば、その後は「ユーザーがいつ解約しても違約金がかからないというわけではなく、自動的に更新され、2年契約が継続されるんですよね。

なぜ、このようなシステムが組まれたかは、キャリア側が契約しているユーザーを他社に手放さないようにする為が大きな理由。恐ろしい仕組みになっています。

ぎょろめぎょろめ

「じゃあ、キャリアから乗り換えようと考えている人はどうすればいいギョロ?」
「違約金を払わなければいけないギョロかね?」

イッソイッソ

「違約金を払わないようにするには、キャリアの契約更新月をチェックします!」

契約更新月とは、大手キャリアが定めている解約をした際にかかる契約解除料が発生しない期間です。

契約更新月につきましては、大手キャリアのプランによって異なりますが、基本的には契約してから2年前の1ヶ月~2ヶ月の間に実施されます。

この期間中に解約・乗り換えをすれば、違約金の9,500円(税抜)を払わなくても済みます。

契約更新月を確認するには?

几帳面な人やこだわりのある人なら、最初の契約記録を細かく残しているかもしれません。

しかし、何年何月何日に契約したかは、ほとんどの人が覚えていないはず。

そこで、契約記録をチェックする方法を3つ、ご紹介します。

契約記録チェック
  • お店に行く
  • 電話をする
  • 公式サイト

「お店に行く」

キャリアで契約したショップに行き、購入し時期を正確に確認することで、解約時期を明確にすることができます。

ただし、ショップで契約内容を確認する際には、
「パスポート、住民記載事項証明書、健康保険証、免許証、保険証」が必が必要になります。

ぎょろめぎょろめ

「ちゅうか、めんどうじゃないかな?」
「わざわざ、お店に言ってから、”おいらが、スマホを買ったのいつだったか教えて”なんて、言いづらくないかな?」

イッソイッソ

「言いづらいかは、人それぞれだとは思いますが、労力と時間をかけるほどでもないかもしれませんね」

「電話する」

キャリア会社に電話をかけて、教えてもらうという方法。

キャリア名 電話番号
docomo 0120-800-000
au 0077-75470
SoftBank 0800-100-5533
(受付時間:9:00?20:00)

例えば、docomoに受付時間内に電話をかけ、つながったら、「更新月を知りたいのですが」と伝えると、教えてくれるはず。

ただし、電話をかけてもスムーズにはいかない可能性も、、、

土日の遅い時間帯に電話をかけると、長時間の待ち時間が発生し(10分~15分)待たなくてはいけない可能性もでてきます。

それから、キャリアによっては、契約時に決められたた暗証番号を求められるかもしれません。もし、暗証番号がわかれば、そのまま対応してくれるはずですが、わからなければ、「ID・パスワード」を新たに発行しなくてはいけない可能性が、、、

「公式サイト」

ドコモでは、インターネットを利用して「My docomo」にアクセスすれば、契約更新月および機種の残債が確認できます。

ドコモ、au、ソフトバンクの各キャリアのインターネットの公式サイトで契約更新月および残債を調べることができます。

ぎょろめぎょろめ

「何、その方法があるんだったら、最初に教えてよ~、イジワルぅ」

イッソイッソ

「ただし、キャリアに電話をするのと同じように、契約時に登録したID・パスワードが必要になりますので、事前に用意しておきたましょう」

 

ドコモ
(1) My docomoにアクセス
(2) 「dログイン」ボタンをタップ
(3) dアカウントのIDを入力して「次へ」をタップ
(4) パスワードを入力して「ログイン」をタップ
(5) ログインできたら下にスクロールして「ご契約内容の確認・変更」をタップ
(6) 画面が変わったら下にスクロールして“ご契約内容 1/3ページ”の下にある「2」をタップ
(7) 料金プランの欄にある“契約満了月はXXXX年XX月です。”を確認する

 

au
(1)  スマホやパソコンでMy auにアクセスする(My auログインはこちらから→「My auログイン|au」)
(2) 「au IDでログイン」をクリックする
(3) au IDとパスワードを入力し、ログインする
(4) ログインできたら「契約内容の確認」から更新月を確認する

 

ソフトバンク
(1) My Softbankにアクセスして、ID・パスワードを入力
(2) 画面中央の「基本料」欄の下に、「更新期間」(20◯◯年◯月◯日~20◯◯年◯月◯日)の記載があります。

 

電話番号を引き継ぐMNPのタイミング重要!解約金が発生しない時期を狙う!

今回は、電話番号を引き継ぐMNP、違約金が発生する更新月に関してお話をしてみました。

2年間の中で、移籍(解約)したい時期を自分で選べないというのはコクな話。しかも、2年がたったとしても、移籍を選べるのは短期間な時期だけ、、、

私たち消費者の好きな時期に移籍をしようとすると、罰金がかせられてしまう、、、

ただ、移籍のタイミングさえ間違わなければ、無駄なお金をキャリアに払わずに、移籍することができます。

あと、LINEモバイルは、登録してからいつ解約しても解約金がかせられません。

それから、最後にMNPですが、LINEモバイルのプランには、データー通信のみの音声通話が含まれていない月額500円がありますので、こちらのプランを計画している人には、MNPを設定する必要はありません。

っということで、今回はここまで。