今回のページでは、”低速通信モードについてお話しします。

LINEモバイルの格安SIMは契約しているプランのデータ容量以上の通信をすると高速通信から低速通信になります。

低速通信に抵触すると、あくまでも「インターネットができない、、、」というわけではなく、通信速度が制限され200kbに抑えられます。

では、この通信速度になると、インターネットの検索やマップは開くのか?動画は見れるのか?SNSは?

実際に何ができるんでしょうか。

というわけで、もしLINEモバイルで低速モードに気になる方、ぜひチェックお願いします。

LINEモバイルは低速通信モードになる理由

ぎょろめぎょろめ

「ん~、低速通信モードって、ようするにネットをする時に、スピードが遅くなるってことギョロ??」

イッソイッソ

「そうなりますね」

ぎょろめぎょろめ

「なんで急にネットの速度が遅くなるギョロかね?」

イッソイッソ

「簡単に言いいますと、データ容量がオーバーするからです」

LINEモバイルのプラン・サービスで契約したプランで決められた月間データ通信容量を超えて通信を行うと、高速通信から低速通信に切り替わります。

この低速通信規制は、LINEモバイルだけでなく、大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)や格安SIM会社が設定されます。

モバイル通信のサービスを利用する場合、通信規制が実施され通信速度が低速に制限(速度制限)しています。

LINEモバイルのプランは3種類あり、それぞれのデータ容量があります。

このデータ容量が1ヶ月でなくなると、高速通信が使えなくなり、低速通信モードへ自動的に移行されるわけです。

たとえば、LINEモバイルのプランの1種類「コミュニケーションフリープラン」の「データ容量:3GB」を設定すると、1ヶ月で「インターネット検索、youtube動画、アプリゲーム」など3GB以上行うと低速通信モードに切り替わります。

ぎょろめぎょろめ

「っで、その低速通信モードになると、どうなるギョロ?」

イッソイッソ

「通信速度が下がり最大通信速度が、200kbpsになります」

LINEモバイルの低速通信”200kbps”の速度、ネットでなにができるのか?

ぎょろめぎょろめ

「低速通信モードっでかなり、速度が落ちそうなのはわかるんだギョロ」「でも、LINEモバイルの普通の速度ってどれくらギョロ??」

イッソイッソ

「LINEモバイルの通信速度は、格安SIMの中では速い方です。」

一般的に、平日の昼や夕方など、仕事や学生の方は、休憩時間などで、その時間を利用してスマホを扱う人が多いために、どうしても回線が混み合やすいです。

そのために、LINEモバイルの通信速度の平均は1.00~2.00Mbpsですが、それ以外の時間帯は20~25Mbps。

LINEモバイル通信速度
一日の流れ
時間 通信速度
昼12時 1.00Mbps
夕16時 10.24Mbps
夜19時 1.42Mbps
それ以外 20~25Mbps程度

1.00~2.00Mbpsの通信速度は、動画視聴やSNSゲームなど、ストレスなく楽しむことができます。

ぎょろめぎょろめ

「ちょっとまって、さっっきからだまって話を聞いていると、”Mbps”と”Kbps”って出てきてるギョロ?何ギョロ?」

イッソイッソ

「mm(ミリ)cm(センチ)は長さを表す数式、そしてkbps(キロ)やMbps(メガ)はデータを表します。」

kとMの後に”bps”とついていますが、これは1秒間に何ビットのデータを転送できるかを示しており、そして”k”や”M”は、大きさ単位。

さきほど私がお話した流れでいうと、このような通信速度の速さの違いになります。

LINEモバイル通信速度
特徴
状態 通信速度
低速通信モード 200kbps
混み合っている時間帯 1.00~2.00Mbps
平均的な通信速度 20~25Mbps

速度が200Kbpsっで何ができるの?

ぎょろめぎょろめ

「もし低速通信モードになって、速度が200Kbpsになったら、どうなるギョロ?」

イッソイッソ

「正直なところ、ネットの検索、動画、マップなどは開き、見ることはできますが、やはり通常と比べて多少時間がかかります」

ネット検索してみると、LINEモバイルの低速通信モード(200Kbps)が掛かっても、検索はできまる!動画も見れる!という記載されていましたが、実際に体験してみると、そんな事はありませんでした。

検索、ウェブページ観覧
  • google、yahooを開くまでに5~10秒かかります
  • 検索ページでサイトをタップし開くにも約10秒かかる
  • 文字情報がメインのブログやホームページなら問題なし
  • 画素数の多い画像が埋め込まれているホームページは時間がかかる
google マップ
  • google マップを開くまでに10秒以上の時間
  • マップに近づいたり、遠くにするだけでも時間が5秒~10秒かかる。
  • ストリートビューやGoogle Earthはさらにまたなくてはいけない
youtube、動画再生
  • youtubeのサイトを開くまでに時間がかかる
  • スクロールしていくと、それぞれの画面が真っ白
  • 動画を見ようとしても読み込むまでに時間がかかる
  • 低画質(144p)ならなんとか再生できますが、種類によっては途中で止まる

スマホを使う場所によって異なりますが、個人的にはLINEモバイルの低速通信モード(200kbps)の速度制限がかかってしまうと、通信速度が遅くなります。

今までは快適にネットを楽しめたのに、速度が遅くなれば、当然のように苦痛を感じやすくなります。

しかも、低速通信モードの通信速度は”最大200Kbps”、実際はもっと低い速度でアップされたりダウンするケースもあります。

ただし、通信速度が200kbpsでも、LINEモバイルの特徴の一つで”カウントフリー機能”が設置しており、こちらは名前の通りデータは消費しないフリーなので、何時間でも楽しめます。

低速通信モードでもカウントフリーは速度制限の対象外

LINEモバイルのプランでは、検索や動画などをネットの送受信によるデータ容量でカウントしているのですが、このカウントでもノーカウントがあり、データー容量にカウント(カウントフリー)されず毎日、使い放題なんですが、なによりもスイスイと楽しめるはず。

っというのも、低速通信モードでもカウントフリーは速度制限の対象外になっているんですよね。そのために、高速通信で使うことができます。

LINEモバイルにはプランが3種類ありますが、カウントフリーが設置されています。

LINEモバイルのプラン
  • LINEフリープラン
  • コミュニケーションフリープラン
  • MUSICプラスプラン
ぎょろめぎょろめ

「っで結局は、ネットをするときの何がカウントフリーなの?」

イッソイッソ

「簡単に言えば、人気のSNSを気にすることなく楽しめます」

SNSの中でも、「LINE、ツイッター、フェイスブック、インスタブラム」のデータ通信量がカウントされず、ストレスなくエンジョイできます。

LINEモバイルのプラン
SNSカウントフリーの種類
SNS 内容
LINE 音声通話、トーク、ガオウ、動画の送受信、タイムライン
ツイッター タイムライン、画像つきツイート、ダイレクトメッセージ
フェイスブック タイムライン、画像テン動画投稿、コメント、お知らせ表示
インスタブラム タイムライン、画像テン動画投稿、アクティビティ、ダイレクトメッセージ

カウントフリー機能は、速度制限の対象外ですので、今までお話していたとおり低速通信モードになっている時でもご利用いただけますが、通常時の高速通信でもデータは消費されません。

低速モードからお金を払って高速モードにするなら追加購入

ぎょろめぎょろめ

「確かにLINEとかツイッターが通信速度関係なくできるのはうれしいギョロ」
「けど、どうしても動画やゲームをむっちゃしたい人もいるギョロよね?そんな人は次の月まで歯を食いしばって我慢しなきゃあいけないギョロ?」

イッソイッソ

「データ容量を増やしたい場合は、”追加購入”という方法を使えば月途中でも高速通信を回復することができます」

つまり、LINEモバイルのプランで失った高速通信の容量を取り戻すために、お金を支払いデータ容量を購入します。

データ通信容量の追加については至って簡単に行うことができ、
スマホやパソコンを利用し、インターネットでLINEモバイル公式サイトを開きます。

おそらく、LINEモバイルを契約した経験のあるユーザーのかたなら、ログイン・パスワードは持っていると思いますが、そのログイン内に入り、3種類のデーター容量からの追加も可能です。

データ容量は3種類で、0.5 GB(500MB)、1GB、3GB。

それから、回線をレンタルしているキャリアにより、データ容量と月に販売する回数が微妙に異なりますが、料金は同じです。

データ容量
0.5 GB 1GB 3GB 購入回数
ドコモ 500円 1,000円 3,000円 月に3回
ソフトバンク 500円 1,000円 月に10回
au 500円 1,000円 月に10回

どれくらい利用するかによって、購入する量も変わるとは思いますが、できることならデータ容量の多い3GB(ソフトバンクのみ)よりも少ない0.5GBを選び購入したいものです。

ぎょろめぎょろめ

「なんで?使って、すぐに減るかもしれないなら、最初にドカーンと多めに購入しても良いんじゃない?」

イッソイッソ

「確かに」

0.5GB、1GB、3GBの料金は、どれを選んでも安いわけではないために、特をするわけでは有りません。

ただし、ポイントになるのが、追加購入で追加されたデータ容量は、永遠に容量が増えるわけではなく、期日が来れば消費されます。

っとうのも、追加購入には有効期限があり、購入した当月の翌月の末日までとなっています。

ぎょろめぎょろめ

「ど、どいうこと?」

イッソイッソ

「例えば、」

1月20日にプランの容量がゼロになったことで、追加購入とし1GB(1,000円)を購入し、高速通信容量をチャージすることができますが、この容量は次月の2月28日末まで利用できますが、次の次月3月1日からは追加購入は0になり使えなくなります。

ようするに、1GBを購入し、残りのデータ容量をたくさん残した状態で次月末日を迎えるとお金を溝に捨てたようなものになってしまいますよね、、、

それだったら、最小限の少ない容量0.5GBで抑えて、計画的に購入すれば、無駄を抑え歯痒い思いを抑えることができるはず。

低速モードからお金を払って高速モードにするなら追加購入

動画やゲームをするために、お金を支払い追加購入でデータ通信を取り戻す方法だけでなく、プレゼントしてもらう(する)サービスもあるんですね。

ぎょろめぎょろめ

「どゆこと?」

イッソイッソ

「つまり、LINEモバイルを利用している同士が、データ通信容量を贈りあうこが可能なんです」

たとえば、自分や家族、友達、恋人がLINEモバイルに契約していたら、その人同士でデータ通信量を贈ったり・もらったりができる便利機能なんですね。
※ au回線は2020年1月では対応していません。

例えば、友だちの高速通信容量がなくなったときに、プレゼントを使って容量を借して、次の月に借しいた容量分を返してもらえるなどができます。

ただし、注意したいのが、データプレゼントできる(もらう)のは、契約したプランの当月分のデータ高速通信容量のみで、
先月に残った繰り越したデータ通信量、またはや他ユーザーからプレゼントでいただいている高速通信料は、プレゼントできません。

また、追加購入と同じように、プレゼントでいただいた高速通信料は当月から翌月末までに使い切らなければ、自動的に削除され無駄になります。

他のモバイル通信と比較して?

ぎょろめぎょろめ

「LINEモバイルで月間データ通信容量を消費すると、速度が遅くなるのはわかったんですが、他のSIMはどうなんですかね?」

イッソイッソ

「キャリアや格安SIM会社も同じように、速度制限をかけていますね」

大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)でも、ユーザーが契約で決められている月間データ通信容量を消費しきると、その月の終わりまで速度制限が行われます。

ただし、キャリアや格安SIM会社によって、速度制限が異なります。

ソフトバンク・au・ドコモ
(大手キャリア)
最大128Kbps
OCNモバイルONE・楽天モバイル・DMM mobile
(格安SIM)
最大200Kbps

LINEモバイルの速度制限は、ソフトバンク・au・ドコモより多少緩いとはいえ、格安SIM各社とは同等といえます。

低速モードも使い方によっては苦痛ではないはず

いかがでしたでしょうか?

本日のページではLINEモバイルのプランのデータ容量以上の通信を利用すると低速モードになるについてお話をしてみました。

ポイントになるのが、一般的にLINEモバイルの高速通信の速度は平均で20~25kbpsとされていますが、低速モードになると200kbpsで、ネット検索やマップ、動画を開くとかなり遅くなります。

ただし、プランの一つにカウントフリーが設置されているので、
ツイッターやフェイスブックなどのタイムラインや投稿、動画は低速モードはかからないのが特徴。

あと、毎月のように低速通信モードでストレスがたまる場合は、今利用しているプランの容量を上げるのも一つかと思います。

とりあえず、今回はここまで。