漫画が無料で読めるアプリがたくさんあります。
そんな中でLINEモバイルでも見ることができます。

人気の4つのSNSがデータフリー(無料で使い放題)なのに大手キャリアよりも安く快適に使用できると話題のLINEモバイル。

LINEのサービスだからライン漫画も無料で使い放題だと思ってしまいますよね。

そこで、この記事では、LINEモバイルでLINEマンガが無料・有料で見れるのかを説明しています。

LINEモバイルのLINEマンガ「無料・有料」どっちで使えるのか?

結論からお話しすると、LINEモバイルのLINEマンガは無料で使い放題ではありません。

まずLINE漫画についてですが、2013年にリリースされ、アプリのダウンロード数が1600万ダウンロードされた、漫画アプリの中では国内でも最大規模の漫画アプリ。

ライン漫画はデータフリー対象外
  • LINE漫画は、スマホユーザーならほぼほぼ使っているアプリ「LINE」で読める漫画アプリのこと
  • 正式には「LINEマンガ」と言います
  • リリースは2013年
  • アプリ上で漫画が読めるサービス
  • 出版社数は250社、作品数は38万点以上

LINE漫画の特徴はとにかくダウンロード数がめちゃくちゃ多いLINE漫画。

そのユーザー数を武器に、少年漫画、青年漫画、少女漫画、BL、TLなど幅広い作品を集めていて、出版社数は250社、作品数は38万点以上。

すでに売上シェアは50%以上を獲得しているので、モンスター級の漫画アプリと言えます。

しかもマーガレットや週刊少年ジャンプといった週間、隔週、月間誌に連載中の作品を含め、2,000タイトル以上を無料連載漫画として配信しています。

ちなみに2017年のデータでは、無料漫画アプリの利用率はLINE漫画がすでにダントツで1位、2位が少年ジャンプ+、3位がcomico、4位がビッコマ、5位がマンガワンです。

他の漫画アプリの場合、チケット制と呼ばれる方式を採用していて、無料公開されている漫画でも、1日で読める量が限られている(チケット数に応じて決まる)ことが多いですが、LINE漫画なら無料公開中の漫画はすべて読むことができます。

LINE漫画には無料コンテンツと有料コンテンツの2通りがあり、無料でも読めます。

ライン漫画は有料

漫画が無料で読めるアプリがたくさんあります。その中には、ジャンプやマガジンといったいわゆる「出版社系」の漫画アプリと、そうでない「非出版社系」の漫画アプリがあります。

その中でもLINE漫画は、日本で一番使われているSNSツールの「LINE」が提供しているアプリですから、LINE漫画のユーザー数も非常に多いのが特徴です。

ライン漫画は、アプリ自体は無料でダウンロードでき、一部の漫画は無料で閲覧できます。

これは「非出版系」の漫画アプリで、出版社系の漫画が読めることもあります。無料の範囲は単行本によって異なり、1巻から3巻までは無料で読めるもの、期間限定で全部まとめて無料で読めるものなどさまざま。

ただ、無料で閲覧できる期間が終わった漫画や、単行本になった漫画などは有料です。

有料の支払いはクレジットカードと必要ですが、クレジットカードやLINE PayやLINEポイントになります。

最終的には、LINEモバイルでは全てにおいてLINEマンガを無料で見れるということではありません。

そもそもLINEモバイルのデータフリー

ここで今一度、LINEモバイルのデータフリーについておさらいしておきましょう。

シンプルに表現すると、「決まったサービスを使う分には通信量を消費しない」という意味になります。

そこで、この記事では無料で使い放題(データフリーの対象)という表現にしているわけなんです。
LINEモバイルのデータフリー機能は、LINEでの音声通話やビデオ通話、トーク(チャットでのメッセージのやり取り)画像や動画の送受信や、タイムライン、LINEアプリ上のニュースタブから見るニュースなどが無料で楽しめます。

それから、「Twitter、Facebook、インスタグラム」の通信を使ったデータ使用量としてカウントしない機能です。

SNSのクライアント(ソフト)でもブラウザからの利用でもLINEモバイルの格安SIM経由(テザリングも含む)であればすべてカウントフリーが適用されます。

月額600円のLINEフリープランであってもLINEアプリでの通信はすべてカウントフリー(データフリー)が適用されるのでセカンドスマホやタブレット用、子供のスマホ用の格安SIMとして爆発的な人気。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

LINEマンガは残念ながらデータフリー(無料で使い放題)の対象外ではありますが、基本的にライン通話やメッセージのやりとりはデータフリーですので、とっても便利なことがわかったかと思います。

ぜひ、節約を考えていらっしゃる方は乗り換えをご検討してみてくださいね。