こんにちわです。
大手キャリアから格安SIMの扉を開けLINEモバイルを利用しているイッソと申します!

今回はLINEモバイルで”テザリング”は使えるのか?についてお話をしたいと思います。

ぎょろめぎょろめ

「使えるんでしょ?」

イッソイッソ

「え?」

ぎょろめぎょろめ

「だって、使えなかったら、たぶん記事とか書かないでしょ?」

イッソイッソ

「、、、ゑえ、ぅうん、まぁあ、ねゑ」

っということで、今回はLINEモバイルを契約してスマートフォンやタブレットでインターネットをされている方は、テザリングができます!

しかも、ポイントになるのがLINEモバイルでは、気難しいような申込みはなく、支払いなども無料です!

ただし、テザリングを利用する前に、端末のほんのちょっとした設定が必要。それから、パソコン(ノートパソコン)をネットにつないでいると、ユーザーの知らない間にデータ容量の支出が無駄に多くなることもありますので、そこらへんの設定も事前にしておきたいところ。

っということで今回のページでは、テザリングの設定についてお話をしていきたいと思います。

まず最初は、ちょっとだけ「テザリングってなによ?」な方に、基本的な情報を、どぞ。理解されている方は、先の設定の方へ、どぞどぞ。

 

テザリングって?

ぎょろめぎょろめ

「っというか、おいらはさっきから気になっていたんですが、テザリングってなんですかね?なんとなくわかるような、まったく理解していないおいらがいるんですが?」

イッソイッソ

「簡単に言えば、外に出てスマートフォンやタブレットの端末に設置されているデータ通信を利用することで、ノートパソコンやゲーム機などの周辺機器でもインターネットが楽しめるんです。」

最近では、喫茶店や飲食店、図書館、病院などでも、インターネット接続サービスの無料Wi-Fiがセットされているところが増えています。

ポケットWifiとは?
持ち運び可能なモバイル・ルータを使うことで、インターネットができる

ポケットWifiを利用する人たちもいます。

でも、スマホ代(データ容量、SMS、音声通話)とは別にポケットWifi代も毎月かかってしまうので、それだけ負担が大き諦めている人も多いのではないでしょうか?

だけど、私の場合は、毎日のように使うわけではないし、できることならマネーの事は考えたくはない。

しかも、電車内、田舎、山間部、川沿いなどでは、まだまだWi-Fiは設備されていないところは少なく、急に外でノートパソコンにネット接続したい時に困るんですよね。

そんなときに便利なのがテザリング!

スマホやタブレットの通信機器のSIMカードが、ノートパソコンや携帯ゲーム機器と接続することで、ネット接続を共有することができます。

 

ぎょろめぎょろめ

「要するに、外でLINEモバイルだけ契約してれば、外でスマホやタブレット、ノートパソコンがインターネットで楽しめるってことね」

イッソイッソ

「正解◎」

LINEモバイルのテザリングはお金がかからない理由

最大の特徴としては、LINEモバイルで利用できるテザリングでは、お金が1円もかからないことです!

ぎょろめぎょろめ

「それって普通じゃないの?」

イッソイッソ

「それが違うんですよね!」

大手キャリアや格安SIM事業者でも、契約されたユーザーにSIMカードを配布するために、それがテザリングの機能をはたすのですが、その前に特別な申込みが必要だったりするんですよね。

しかも、申込みをしてから、月額基本料を支払わなくてはいけない格安SIMカード会社もあります。ここらへんは、契約時に注意しておきたい所。

 

ぎょろめぎょろめ

「なんでわざわざテザリングをするだけで、毎月お金を取るのかな?」

イッソイッソ

「理由は回線が関係していますね」

格安SIM事業者によって大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク、楽天)からネット回線をレンタルしています。

それによって、au回線やソフトバンク回線を利用して、テザリングをするユーザーはオプションで500~1,000円を月額支払うところもあるんですよね。

また、ドコモ回線のオプションのテザリングの月々の料金はさらに高額。

毎日のように外にでて、スマホやノートパソコン、ゲーム機を使うなら、多少の出費が出ても仕方がないとは思いますが、

1週間に1~2回しかテザリングを使わない人にとって、わざわざ月々支払は高くしたくないものです。

LINEモバイルでは申込などで、どの回線(au、ソフトバンク、ドコモ)を選択したとしても、テザリングは無料で使うことができるんですよね。もちろんですが、月の基本料金や追加料金など請求されることはありません。

ぎょろめぎょろめ

「なに、それイイじゃん!

イッソイッソ

「LINEモバイルの特徴の一つですね◎」

 

スマホからテザリングを3種類設定

ぎょろめぎょろめ

「LINEモバイルのSIMカードをスマホにセットすれば、自動的にノートパソコンなどが外でも使えるようになるの?」

イッソイッソ

「いいえ、ちょっとした設定が必要です?」

スマホをテザリングしてパソコンと通信させる方法は、3種類です。
「Wi-Fi」「Bluetooth」「USB」の選択肢があります。

この3種類の方法でスマホ(タブレット)とパソコン、ゲーム機を繋ぎインターネットができますが、それぞれ長所や短所があります。

Wifi・テザリング
長所
  • 最も手軽に利用できる方法
  • ケーブルが不要
  • スマホ、タブレット対応機種が多い、その他カメラ、ゲーム機、家電など幅広い機種が対応
  • 複数台接続できる
  • テザリングを複数することもできる
  • 一度設定したら次からは自動
短所
  • スマホやパソコンなどの電力消費が速い
Bluetoth・テザリング
長所
  • ケーブルが不要
  • バッテリー消費が少量
  • 複数台を同時に接続できる
  • 一度設定すれば、接続は簡単
短所
  • 高速な通信には対応していない
USB・テザリング
長所
  • 通信速度が速い、速くなりやすい
  • 動画がサクサク見れる
  • スマホなど電池を充電しながらテザリングができる
短所
  • スマホとパソコンをケーブル接続する必要がある
  • 設定が難易度やや面倒

私も3種類、試したことがありますが、本当に一長一短で、どれが群を抜いてテザリングに使える!とは言えません。

たとえば、Wifi・テザリングは、ケーブルが不要で最初に設定すれば、後はスムーズに利用することができるのですが、充電の消費量があっという間に過ぎてしまう。

また、Bluetothも、ケーブルが不要で設定は簡単なんですが、インターネットを繋げると、高速通信が若干遅い、、、イラッ、、

ならばUSBの出番とばかりに使うためにひつようなケーブルが必要で、接続するときに、毎回設定しなくてはいけないため面倒、、、、だけ通信速度はスムーズで快適。

ぎょろめぎょろめ

「結局は、どれを選んでからテザリングを使うのがいいの?」

イッソイッソ

「一番は、テザリングの3種類を試してみることです」
「ただ、わざわざ試すのはちょっと、、、という方は、コードなどが必要なく設定が簡単なWifi・テザリングがおすすめ」

ぎょろめぎょろめ

「じゃあ、そのやり方、おいらに教えて」

 

LINEモバイルのテザリング設定方法

スマートフォンのテザリング対応の設定方法については、OSであるAndroidやiPhoneで微妙に異なります。

ぎょろめぎょろめ

「あ~、めんくさそ~」

イッソイッソ

「簡単というより、タン・タン・タン・タン・タンでいっちょ上がりですよ。」

Android

機種によって画面や項目名が異なる場合があります。

HUAWEIの設定
1.まず最初にホーム画面の「設定」をタップします
2.最初の上部に表示されている「無線とネットワーク」をタップ
3.中央に「テザリングとポータブルアクセス」をタップ
4.一番上の「」ポータブルWi-Fi
5.アクセスポイントをタップ
6.機種名を「offからon(青色)」にすれば設定完了

 

Xperiaの設定
1.「通知パネル」をタップします
2.「設定」をタップ
3.中央にある「その他の設定」をタップ
4.次に無線とネットワークのページから真ん中にある「テザリング」をタップ
※機種によって「モバイルネットワーク設定」と記載されていることも
5.一般的なテザリング設定は「Wi-Fiテザリング」のチェックボックスをタップすれば設定完了

※利用するAndroid端末やOSのバージョンによって、上記の表示名や順番が異なる場合があります。

iPhone

iPhone10の設定
1. ホーム画面から「設定」アプリをタップし開く
2.緑色アイコンの「インターネット共有」を選び「オン」にするインターネットをして他の人を共有をオンにするって、少し疑問を感じるかもしれません。しかし、これは単純にテザリング機能を可能にするためのOFF→ONにしているだけです。3.パスワードを入力、完了

 

スマホでテザリングを使ってノートPCをネットにつなぐとデータ容量は消耗するの?

ぎょろめぎょろめ

「っというか、テザリングって、スマホを使って、ノートPCやゲーム機でインターネットができるんですよね?」

イッソイッソ

「そうです!検索や動画、ゲームなども楽しめます。」

 

ぎょろめぎょろめ

「おいらは、LINEモバイルのプランでコミュニケーションフリープランの5GBを契約してるんだけど、テザリングでノートパソコンでネットしているときって、データ容量は容量が無制なの?」

イッソイッソ

「それはありませんよ!」

ノートパソコン(Mac、Windows10)でも、スマホと同じようにネットを使えばデータ容量は消費されます。

基本的には、ノートパソコンでインターネットをするときに、検索やウェブ、ブログ、マップ、SNS、動画などをしても、スマートフォンとデータ容量の消費量は変わりません。

しかし、注意したいのがノートパソコンのOSの種類「Windows10」では、自動的にバックグラウンドが起こっているために、よりデータ容量の消費量が多いです。

バックグラウンドとは、簡単に言えば、コンピュータ作業の裏の世界のことで、表の世界では、インターネットの検索や動画、アプリなどですが、その「裏」に隠れているウインドウや待機中のプログラムなどをタイミングを計って処理することです。

ネットを繋げていると、バックグラウンドで「Windows Update」や「OneDrive」「クラウドサービス」などが行われ、私たちが意識していないところでデータ通信量が増加していることもあります。

Windows 10は、「Windows Update」を強制的にアップデートし、それを自動的にこちらのパソコンでダウンロードするようになっていますが、このタイミングが外出時でテザリングしている時だとかなりのデータ容量が消費されてしまいます。

Windows 10のWindows Updateを自動ではなく、手動にすれば、このデータ容量の消費を防ぐことができます。

手動のやり方にも種類は色々あるのですが、私は“バッテリー節約機能”を設定して、手動で行うようにしています。

Windows 10の設定
1.パソコン(OS:Windows10)のデスクトップ画面の左下のマークをクリックして、「設定」をクリックします。
2.Windowsの設定の画面が表示されるので、その中で「更新とセキュリティ」をクリック
3.左側の「Windows Update」をクリック
4.「更新プログラムのチェック」
5.更新が必要であれば、更新プログラムの「ダウンロード」と「インストール」が自動で開始され、その後、手動に変更できます。

 

最終的に0円でLINEモバイルではテザリングができます!

今回のページでは、LINEモバイルでのテザリングの設定方法についてお話をしてみました。

大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバン)や他の格安SIM事業者と契約しているスマホ・タブレットでも利用できますが、LINEモバイルでは無料でテザリングを設定できるのがポイント。

LINEモバイルでは、回線が「ドコモ、au、ソフトバンク」と選ぶことができますが、どの回線を選んだとしても、テザリングは0円で利用可能で、難しい設定はほとんどありません。

スマホと「wifi、ブルースタイル、」のどれかを組み合わせて、その他の電気製品を用意すれば、それをインターネットで楽しめる!

ただし、ノートパソコンやゲーム機でインターネットを使用する場合のデータ容量は、消費されるので注意が必要。

っという感じのお話を今回のページでお送りしました。

ぜひ上手く活用してネットを快適に使ってください!