こんにちはです!
某大手キャリアでスタッフをしていたイッソです。

今回はLINEモバイルに乗り換えに”SIMロック解除”は”必要なのか?”をお話をしします。

スマホを販売している大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)は、利用者の長期契約での収入を当てにし、SIMロックをかけています。

しかし、スマホによっては、このSIMロックがかけられていない、のもありますので、キャリアから格安SIMのLINEモバイルなどにスムーズに乗り換えできます。

では、今回のページでは、SIMロックに関するお話をメインに進めていきます。

そもそもSIMロックとは?

ぎょろめぎょろめ

「ちゅうか、SIMカードってなんでしたかね?」
「見たり、使ったりの経験はあるけども、何してくれてるのかがよくわかんないんですけど?」

イッソイッソ

「では、まずは簡単にSIMカードからサラっとお話をして、SIMロックに移りたいと思います」

そもそもSIMカードには、スマートフォンやタブレット、携帯電話などに必ず設置されているのがICカード(アイシー・カード)のことです。

そのICカードの役割は、高機能のICチップが埋め込んまれており、そこに膨大な情報(固有のID番号)が記憶されているんですね。

また、スマホなどの端末がインターネットや通話などを行うために、外部アンテナにアクセスを図るために、暗号化するのにも、ICカードの情報(固有のID番号)が使われています。

ぎょろめぎょろめ

「なーるほどね~」
「SIMカード(ICカード)があったら、ネットや電話ができて便利っちゅうことね」

イッソイッソ

「そうなりますね」

ぎょろめぎょろめ

「っで、なに?SIMカードのロックって?」
「簡単に教えてよ~」

イッソイッソ

「わかりました」

スマホやタブレットなどの端末をお金を払って購入する場合、大手キャリアと呼ばれている「ドコモ、au、ソフトバンク」を利用すると、SIMカードにロックが掛かります。

スマホやタブレットには、SIMカードをはめ込むことができ、その作業を行うことで初めて、データの記憶やネット、通話が可能になります。

しかし、キャリアで購入したスマホやタブレットでしか、SIMカードは利用できません。なぜかと言うと、SIMロックと呼ばれる鍵のようなものがかけられているからなんですね。

SIMロックとは逆に、SIMロックが施されていないのを「SIMフリー、SIMロックフリー」と呼ばれています。

ぎょろめぎょろめ

「つまり、、どうこと?」

イッソイッソ

「つまり、ドコモで購入・契約したスマホ(+SIMカード)は、他社のauやソフトバンクにSIMカードをセットしても、データー(画像、動画)が表示されなかったり、ネットも使えません」

SIMロック解除する必要なくLINEモバイルは利用可能

ドコモ、au、ソフトバンクから格安SIM会社に乗り換えるときには、ある程度の規制があるために、スマホも一緒に変えなくてはいけないこともあります。

しかし、現在利用しているスマホをそのままLINEモバイルに乗り換えら契約することができます。

この大手キャリアで使っていたスマホを、そのままLINEモバイルに使うことができるのは、全ての回線が提供されているからです。

つまり、LINEモバイルと契約すると、「ドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線」を選ぶことができるため、わざわざSIMロックを解除する必要がない。

そのため、スマホを継続して使えるわけです。

ただし注意したいのが、2015年5月移行に発売された最新スマホのアンドロイドやアイフォーンはSIMロック解除することなく、キャリアから格安SIMのLINEモバイルに移行できますが、それ以前に発売しているスマホはSIMロック解除が必要です。

もう少し詳しくお話すると、キャリアからLINEモバイルに乗り換える際の、回線でSIMロックの解除「有り、無し」が変わってきます。

基本的に回線ではこのように変わります。

回線 スマホ発売した時期
ドコモ回線 スマホの発売時期は関係なしOK
au回線 2017年8月以前に発売されたアンドロイド・iPhone7、SEの機種
ソフトバンク回線 2017年8月以前に発売されたアンドロイドと、iPhone4s以前の機種

auのSIMロック解除

au回線のSIMロック解除は、「My au」の手続きがおすすめで、こちらは2種類の方法があります。

au回線のSIMロック解除
  • インターネットからのオンラインアカウントのMy au
  • auショップにてSIMロック解除の手続き

日本全国にauショップが約2400店舗以上設置されているために、もしかしたら住んでいる自宅の近くにあるかもしれませんね。

auショップに、スマフォとSIMロックを持っていけば、15~30分で解除を行ってくれます。

ただ、解除の手数料が約3000円もかかり、週末だと待ち時間が予想以上に長くなるかもしれません。なので、インターネットのMy auから手続きをした方が待ち時間はなく、手数料もかからないのでオススメ。

auのSIMロック解除の方法
手続き方法 料金 必要なもの
My au 無料
  • 他社のSIMカード
  • 本人確認書類
  • SIMロックしたい端
auショップ
(受付時間:9:00-21:30)
3000円

ソフトバンクのSIMロックの解除方法

ソフトバンクでのSIMロックの解除についても2種類あります。

ソフトバンク回線のSIMロック解除
  • 契約者個人がソフトバンクのアカウント「My SoftBank」にログインして行う方法
  • ソフトバンクショップに出向いて行う方法
SoftBankのSIMロック解除の方法
手続き方法 料金 必要なもの
My SoftBank 無料
  • 他社のSIMカード
  • 本人確認書類
  • SIMロックしたい端
ソフトバンクショップ
(受付時間:9:00-21:30)
3000円

2015年5月以降発の最新モバイル端末はSIMロック解除が可能

2007年、国の行政事務などを担当する総務省が、販売奨励金制度を問題視し初めていました。

販売奨励金制度とは、先程もお話しましたが、私たちユーザーが
スマホや通信回線を利用するために、キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)と契約をすることで、キャリアが販売代理店に継続的に支払われている代金の一種。

販売奨励金制度は他にインセンティブとも呼ばれています。販売奨励金の資金源は、間違いなくユーザーの高額な通信料金。

ぎょろめぎょろめ

「まあね~、でも、仕方ないんじゃない?」

イッソイッソ

「独占することが行けないんですよ」

日本の端末機器の製造メーカーの競争力などが低下してしまいます。このようなことから、2007年より総務省が対策に乗り出します。

たとえば、スマホの端末代とネットの通信料金を分離して、販売奨励金制度の変更をキャリアに求めることになったんです。

そして2010年、総務省がキャリアや携帯メーカーとSIMロック解除することで合意しました。

しかし、あまり進展が見られなかったため、総務省のガイドラインより2015年5月1日以スマホやタブレットの新型モデルは、SIMロック解除を義務化することを発表。

移動端末設備の円滑な流通・利用の確保に関する
ガイドライン
https://www.soumu.go.jp/main_content/000656190.pdf

ぎょろめぎょろめ

「え?つ、つまり、新しいスマホ(SIMカード)を契約してたら、他の機器でも使えるってこと」

イッソイッソ

「そうなりますね」

ぎょろめぎょろめ

「なんだ、それ先に言って!」

イッソイッソ

「ただし、注意が必要です」

初期の段階ではSIMロックが掛かっています。

NTTドコモとau、ソフトバンクで発売された新機種スマホやタブレットは、購入後6ヶ月(180日)経過した端末のSIMロック解除を無料で行うことができます。

ただし、2015年4月30日以前に発売された機種の販売の場合は、SIMロック解除の対象外です。

2015年5月以降に発売された端末は、購入日から181日目以降であればSIMロックが解除できます。

なぜ3大キャリアはSIMロックをかけるのか?

ぎょろめぎょろめ

「なんで、なんでSIMロックするの?」「ドコモ、au、ソフトバンクとかって、たくさんお金持ってそうだから、もっと開放的にしてくれればいいのに~」

イッソイッソ

「そこに、秘密があるんですよね」

3大手キャリアの「ドコモ、au、ソフトバンク」は、私たちユーザーに対して、携帯電話、スマートフォン、タブレット型端などモバイル端末を提供しています。

モバイル端末のおかげで、インターネットができ、最新情報や便利な機能、そして電話をどんな時間帯・場所でも利用可能になっていいます。

ユーザーからすると、とてもありがたいように思いますよね。

3大手キャリアでスマホ・タブレット購入
  • 最新のスマホやタブレットを手に入れられる
  • 通信規格、周波数対応や認証に関する手間やコストを比較的抑えられる

そのために、私たち消費者は、便利でなくてはならない端末機器を毎日のように利用するために、キャリアになんの違和感もなくお金を支払っているんですよ。

このような「端末機器+ネット通信回線」を私たちが使うために、
キャリア社と契約を結び、その契約が成立することにより、キャリア社から販売代理店に支払われる制度を販売奨励金制度と言います。

大手キャリアの作戦としては、独自のサービスやコンテンツをユーザーに提供します。

私たちユーザー側は、毎日のように通話ができ、インターネットを楽しみ、さらにサービスがついてることで喜ぶ!いつのまにか、契約したユーザーは大手キャリアに感謝をしながら、毎月のようにお金を支払う。

1ヶ月に7,000円や8,000円、高い人では10,000円を超えるような高額料金プランを支払わい、毎月のようにキャリアのもとにお金が入っているわけです、、、

ぎょろめぎょろめ

「何の話し、してるの?」
「なんかグチをこぼしてるだけじゃないの?」

イッソイッソ

「グチってるわけじゃないですよ」
「SIMロックの話ですよ」

このように、大手キャリアは完全に主導を握っていたために、
自社で購入したスマホやタブレットなどの端末でしかSIMカードは使えない「SIMロック」を掛けていた。

そして、キャリアは端末の開発・販売を牛耳り、とことん儲けていたんですよね。

ぎょろめぎょろめ

「どげゑ~」
「でも、今もSIMロックって、続いてるんですよね?」

イッソイッソ

「キャリアで購入した場合はSIMロックは掛かっています、ただし、2015年から解除ができるようになったんですよね」

ぎょろめぎょろめ

「ほげ~、でも、なんで解除できるようになったの?

イッソイッソ

「総務省が販売奨励金制度を問題視していたからです」

SIMロックはデメリットだらけ、、、、

ぎょろめぎょろめ

「っというか、もしドコモやau、ソフトバンクを使ってる場合、SIMロックを解除したほうがいいの?それともそのままのほうがいいの?」

イッソイッソ

「迷わずSIMロック解除するべき!」

「むしろ、ロック解除をするデメリットが見当たりませんね。」

ロックしたままだと、デメリットが多いんですよね。

SIMロックのデメリット
  • 他の端末でSIMカードが使えない
  • 海外で使用することができない
  • 中古で売ろうとしても安く判断される

 

SIMロックは日本以外の海外ではネットや通話ができない

キャリアを購入して使っている状態では海外旅行では使えない。

キャリアで購入したスマホやタブレットをそのままアメリカやヨーロッパに持っていくことは可能で、電源を入れてアプリなどを操作もできます。

しかし、保存されたデータを開いたり、インターネットや通話ができません。

この理由としては、日本とは異なる、海外の外部アンテナを使用するためです。

そのため、SIMロックが掛っていれば、海外のSIMカードを購入し、それを差し替えて使うことはできません。SIMロックが解除されたSIMフリーのスマホなら購入が可能で、海外でもインターネットや通話ができます。

SIMロックは中古売買は安く取引される

キャリアで購入したスマホやタブレット、携帯電話は、中古販売店が買取ってくれますが、その中でも人気Apple社の最新iPhone se2は、割高で取引されています。

しかしながら、中古販売店の相場では、たとえ人気の端末機種だったとしても、SIMロックが掛けられている状態では、価値が低いとみなされ安く売却されます。

理由はいたって簡単で、SIMロックが掛けられて解除ができない端末機種は、不便ですよね?ドコモならSIMカードはドコモだけ、auならauにしか機能を発揮してくれない、、、

っとなれば、安く売却され、同一機種のSIMフリー版は、応用が効くために、高く評価されますよね。

SIMロックって結局はなんだっけ?

ぎょろめぎょろめ

「そういうことなのね。」

イッソイッソ

「そういったことになりますね」

ぎょろめぎょろめ

「、、、なんでしたっけ?」

イッソイッソ

「だから」

  1. SIMカードとは?
  2. なぜSIMをロックしたの?
  3. SIMロック解除は2015年から
  4. SIMロックはデメリットだらけ!
ぎょろめぎょろめ

「あ、そっか!」「そうするに、SIMのロックは、無いほうが絶対にいいってことですね!」

イッソイッソ

「そうなりますね◎」

SIMロックからできるだけ解き放たれ、うまく解除をしたいもの。というよりもSIMフリーが利用できるSIMフリー・スマホを利用して、便利性と価格の安さで毎月節約しておきいところ!