この記事では、LINEモバイルの本人確認書類(身分証明書)の1つマイナンバーカードにつきまして解説しております。

まず最初に話しの全体は、以下のようになります。

この記事でわかること!
  • マイナンバーカードは2種類、必要なのは1種類
  • なければ作る!という手も!
  • アップは表だけ

2017年7月31日から、本人確認書類に追加されたマイナンバーカード。

このカードは、みんなが持っていますが、実はLINEモバイルの申し込みでは、”認められる契約者”と”認められない契約者(審査が通らない)”に分けられてしまいます。

その理由は、マイナンバーカードには2種類があるからです。

また、認められるマイナンバーカードを契約時にアップロードしても、LINEモバイル側から再発行手続きメールが送られてきます。

では、どうすれば良いのか?その理由はわかっています。そういったことで、今回はマイナンバーカードをメインにお話をしていきます。

本人の確認書(身分証明書)にマイナンバーカード(通知・個人番号)も利用できる

2017年、格安SIMのLINEモバイルがスタートした当時、身分証明書の書類にマイナンバーのアップロードは有りませんでしたが、2018年あたりから認められています。

ただし注意したいのが、マイナンバーカードにも2種類あり、1つは申し込み後の審査に通り、もう一つは審査NGです。

その2種類の違いはマイナンバーの「通知カード」と「個人番号カード」です。

「通知カード」は、住民票を登録している全ての方が持っているはずです。そして、個人番号カード」は希望者のみ市区町村の窓口で登録できます。

そして、LINEモバイルの本人確認書類の1つに認められているのが「マイナンバーカードの個人番号カードです。

契約時に必要な本人確認には、ユーザーの選び方によって2種類を提出しなくてはいけない書類ありますが、マイナンバーカード(個人番号)は1種類のみで提出完了です。

通知カード 個人番号カード
概要 12ケタのマイナンバーを通知するためのカード 12ケタのマイナンバーを記載した身分証明書
様式
  • 紙製のカード
  • 顔写真は載らない
  • プラスチック製のカード
  • 顔写真付き
仕様 金融機関など、民間事業者の窓口で身分証明書としては使えない 身分証明書として使用できる
e-Taxの電子申請などが行える電子証明書(ICチップ)を標準搭載
対象者 住民票を有する全ての方に付与 希望者にのみ付与(初回無料)
交付開始 2015年(平成27年)10月~ 2016年(平成28年)1月~
市区町村の窓口で希望者に交付開始

個人番号マイナンバーカードはLINEモバイルの本人確認だけでなく、

カードに顔写真が搭載されたり、ICチップも記載されているので、身分証明書として使用できるほか、わざわざ紙に鉛筆でサインをするのではなくカードを通すだけで済むように変わっています。

街の図書館カード、印鑑登録証、地方公共団体が定めるサービスなど、利用でき、電子証明書、e-Taxなどの税の電子申請等も行えます。

マイナンバーカード(個人番号)作るにはオンライン申請、区役所に足を運ぶ

ぎょろめぎょろめ

「『通知』と『個人番号』を勘違いしていたギョロ、、、」
「マイナンバーカード(個人番号)あきらめるギョロ、、、」

イッソイッソ

「あきらめずに、交付申請をすれば手に入り、そのカードでLINEモバイルの契約ができます」

マイナンバーカード(個人番号)を手に入れるには、パソコン、スマートフォンによるオンライン申請、市町村などの区役所窓口まで足を運び、そこで書類を書いて申請を届ける必要があります。

申請時には、名前や住所の記載、それからカードに載せる顔写真も必須条件なので、この写真は自分でスマホ、デジカメ用意し交付申請書に添付します。

ちなみに、マイナンバーカード(個人番号)の申請は20歳未満の未成年の方でも申請は可能です。ただし、15歳未満だと、両親などの申請が必要。

マイナンバーカードの申請は、けっして簡単ではなく、多少の面倒臭さはあります。

なので、マイナンバーカードを交付申請を選ぶ前に、もし手元にLINEモバイルで使える本人確認書類(自動車免許書など)があれば、そちらを選びましょう。

マイナンバーカード(個人番号)以外でも本人確認は可能

住民票を持っているすべての人々が持っているマイナンバーカード(通知)ですが、市町村役場の窓口で発行手続きが必要なマイナンバーカード(個人番号)は、2020年現在でそこまで手にしている人は少ないといわれています。

もちろん、マイナンバーカードがお持ちでない状態でも、他の本人確認書類を提出(アップロード)できます。

LINEモバイルでは、マイナンバーカードを含めて提出できる本人確認書類は13種類ありります。

基本的に、13種類の中でユーザーがお持ちの本人確認書類の1種類を選び、そちらをスマホ(デジカメ)、スキャンをしてLINEモバイルにデータを送ります。

ただし、一部では、1種類と合わせて「補助書類」提出」する本人確認書類もあります。

まず、13種類の本人確認書類の表記して、その下に1種類提出、1種類+補助書類の表記を記載しておきます。

13種類の本人確認書類
  • 運転免許書
  • 運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降)
  • 日本国パスポート
  • 住民基本台帳カード
  • 身体障がい者手帳
  • 特別永住者証明書
  • 健康保険証
  • 外国人登録証明書
  • 届出避難場所証明書
  • 在留カード
  • 後期高齢者医療被保険者証
  • 療育手帳
  • 精神障害者保健福祉手帳
  • 特定疾患医療受給証

13種類の本人確認書類があります。

そして、こちらが1枚だけで審査が通る本人確認書類です。

1種類のみ
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 特別永住者証明書
  • 住民基本台帳カード
  • 届出避難場所証明書
  • 身体障害者手帳

補助書類と合わせてアップロード!

1種類+補助書類
  • 日本国パスポート+補助書類
  • 在留カード+補助書類
  • 健康保険証+補助書類
  • 後期高齢者医療被保険者証+補助書類

運転免許書が手元にあれば、スマホで撮りLINEモバイルの契約時に画像で提出(アップロード)するだけですみます。

補助書類は、簡単に言えば住民票や「電気、都市ガス、水道」の領収書のことです。

たとえば、マイナンバーカードや運転免許、パスポートがない場合、次にくる一手は健康保険証を選ぶ確率が高いはずで、この健康保険書だけでは契約できずに、一緒に住民票か電気などの領収書の画像をLINEモバイルに提出します。健康保険証だけの送信では審査に通りませんので、補助書類も一緒に提出して下さい。

ここで注意したいのが、補助書類は3ヶ月以内の住民票、領収書なので写真を取る前にチェックしておきましょう。

さらに、補助書類には、「名前、住所」が健康保険書と同類でなければいけません。

マイナンバー(個人番号)は表面だけで裏面は必要ない

マイナンバー(個人番号)が書かれた書類は、”表”だけでなく”裏”の画像をLINEモバイルの契約時にアップロードすると、審査に通らない可能性もあります。

この表・裏の画像は、表だけを契約時に提出すればOKですので、改めて申し込みし直せばすぐに審査を通過できはず。

ぎょろめぎょろめ

「なんでギョロね?表でも裏でも良いんじゃないギョロかね?」

イッソイッソ

「確かに」

「ただ、マイナンバーの表、裏には、記載されている内容が異なり、LINEモバイル側が求める情報は表面だけに記載されています。」

表面には、「本人の顔写真、氏名、住所、生年月日」など、契約者を証明する重要な内容が記載されています。

裏面には、個人番号、氏名など。

つまり、LINEモバイル側にとって、マイナンバーの裏面に刻まれた個人番号は必要なく、それよりも契約者の「氏名、住所、生年月日」が重要です。

これは、料金の支払いに利用する「クレジットカード」の契約者と、身分証明書(マイナンバー)が一致することを確認して始めて契約に一歩つながります。

最終的に、マイナンバーカードの表面のみの画像をアップロードすれば、LINEモバイルの契約につながります。

小さい文字、手ブレでマイナンバーカードが読み取れない

本人確認書類のマイナンバーカードは、LINEモバイルの申し込み入力フォームの確認で使います。

先ほどお話したように、LINEモバイル側は、契約者を確認するためにマイナンバーカードの表面に記載されている「氏名、住所、生年月日」とクレジットカードを照らし合わせます。

それなのに、カードの表示されている文字が小さすぎたり、ブレていたら読めない可能性があり、審査に落ちてしまい、再発行のメールが届くかもしれません。

ぎょろめぎょろめ

「どうやって写真を取れば良いギョロ?」
「最近になってスマホを使いはじめたギョロりん、、、なので、カメラの使い方なんて、わからんギョロ、、、」

イッソイッソ

「そこまで難しいことはありません」

スマホ機種やデジカメなどの操作は異なりますが、本人確認書の書類(マイナンバーカード、自動車免許書)の画像撮りに気をつけたいのが「小さすぎず、ブレない」ことです。

たとえば、スマホでマイナンバーカードの画像を取るときには、「画面の中央に小さく映るマイナンバーカード」ではなく、「画面いっぱいに収まるマイナンバーカード」を撮影するようにしましょう!そうすれば、画像が大きく、文字が読みやすくなるはずです。

そして、シャッターを押す前に、ちょっとした心がけとして、両方の脇を”ギュッ”と締めてから、シャッターは指の腹で軽く押すようにしましょう。

脇が開いているとカメラを安定して持つことができず手ブレの原因になります。

なので、最小限に抑えることができ、画像のブレも最小限に抑えられます。

マイナンバーカードの有効期限が切れていないか?

ぎょろめぎょろめ

「マイナンバーカードをアップする人って、もしかして有効期限が切れているあるんじゃないギョロかね?」

イッソイッソ

「確かに」

ただし、マイナンバーカード(個人番号)を所持している方で

20歳以上はまだで未成年の方でマイナンバーカード(個人番号)の有効期限切れで引っかかった人もいるかも知れません。

本人確認書類の1つであるマイナンバーカード(個人番号)は、有効期限が切れていると本人確認書類として効力を持ちません。

特にマイナンバーカード、取得してから時間が経ってしまい、有効期限が切れているのに、LINEモバイルの申し込みでアップロードしても、登録ができません。

マイナンバーカードの有効期間は、発行の日から10回目の誕生日までです。

そもそも、マイナンバーカード(個人番号)の交付開始は2016年1月からなので、現段階では有効期限が切れている方はいないはずです。

ただし、マイナンバーカードの有効期間が10回目の誕生日までとなるのは20歳以上の成人の方までで、20歳未満の方は、5回目の誕生日が有効期限です。

個人番号カード発行時の年齢
年齢 個人番号カードの有効期間
20歳以上 10回目の誕生日
0歳から19歳まで 5回目の誕生日

つまり、2016年1月にマイナンバーカードを発行した未成年の方だと、すでに期限が切れている恐れがあります。そのカードを通すと、契約が通らない可能性があります。

そのために、アップロードの前に、念のため有効期限を確認しておきましょう

ちなみに、マイナンバーの通知カードに有効期限はありません

【通知ダメ】個人番号マイナンバーカードをキレイに撮影すればOK!

今回のページの内容ではLINEモバイルの契約時に必要な身分証明書の1つマイナンバーカードについて説明しました。

今回のページのポイントが下記になります↓

記事のまとめた! ?
  • LINEモバイルに認められる身分証明書は13種類
  • 証明書の1つにマイナンバーカード
  • 通知はダメ、個人番号のみが可能
  • 個人番号カードは表面だけのアップでOK
  • 20歳以上なら有効期限は関係ない(現状)
LINEモバイルの契約に必要な身分証明書でマイナンバーカードを選択するなら、これだけチェックしておけば、問題なく通るはずです。

ただし、マイナンバーカードをスマホ、デジカメで写真撮りをする時は、「小さすぎない、ブレないよう」に心がけて「画面いっぱい、脇を締めて」を心がけて撮りましょう!

そうすれば、LINEモバイルの申し込みにツマヅいて後から再発行にならず、スムーズに契約できるはず!

ぜひお悩みの解決に、参考にしてみてはいかがでしょうか。っとうことで、今回はここまで。