この記事でわかること!
  • moto g7の総合評価
  • スペック紹介
  •  機能紹介

このページでは、LINEモバイルのMoto g7 plusを徹底的にまとめていきます!

モトローラmoto g7シリーズの上位モデルとなるmoto g7 plusをLINEモバイルが取り扱いを開始しました。

moto g7は、ゲームをそれほど遊ばない方であれば満足できる十分な性能を持っています。

今回はmoto g7の「特徴・スペック、使い勝手」等について詳しく解説します。

moto g7はこんな人におすすめスマホ

コスパのいいスマホは欲しいけど、チープに見えるのはイヤ――そんな人に、ぜひとも試してみてもらいたいのが、moto(モトローラ製)『moto g7』がおすすめです。

moto g7は、様々なSIMフリースマートフォンを長きに渡って展開している大手メーカー・モトローラが2019年6月に発売したスマートフォンです。

moto g7 plusは他社の高級機なども含めると「中の上」クラスにあたるスマートフォンで、moto g7は言わば「中の中」ですね。

性能の差はわずかで、販売価格の差も小さいです。

moto g7はHUAWEIのP30 liteとスペックが近く、価格は2~3,000円ほどP30 liteの方が安いです。

正直、ほぼほぼ両者に違いはありません。

moto g7を選ぶことになる決め手は、トリプルスロットであることと、中国産スマホでないことになります。

Moto g7 のスペック

Motorolaが低価格、ミドルスペックスマホとして発売したのがこのg7です。

g7シリーズは3種類あり、g7 はその中でも一番高いスペックに位置しています。

他社も含めた他の様々なスマホと比べてずば抜けて高くはないものの、使っていてストレスを感じるような低性能でもありません。

下の表に性能をまとめたので、ご覧ください。

基本情報
名称 Moto G7
メーカー MotorolaMotorolaの他の機種を見る
発売時期 2019年2月 発売済み
3Gバンド HSDPA 800 / 850 / 900 / 1900 / 2100
4Gバンド キャリア別対応バンド LTE band 1(2100), 2(1900), 3(1800), 4(1700/2100), 5(850), 7(2600), 8(900), 18(800), 19(800), 20(800), 26(850), 28(700), 38(2600), 40(2300), 41(2500) – 日本版
ドコモ, ドコモ系mvno 4G band19 対応 , FOMAプラスエリア3G 対応
au, UQモバイル auプラチナバンド 対応 , au 3G(CDMA2000) 非対応
ソフトバンク, Yモバイル プラチナバンド 完全対応
SIM sim_card NanoSIM , デュアルSIM, デュアルスタンバイ
Wi-Fi、 802.11 a/b/g/n/ac
ハードウェア
ディスプレイ 6.2インチ, IPSディスプレイ
ディスプレイ解像度 1080 x 2270px (フルHD+), アスペクト比19:9
画素密度 とても高い(5cm離れる前にドットが識別できなくなる) , 403ppi
ディスプレイ機能 Corning Gorilla Glass 4
サイズ 157 x 75.3 x 8.3mm , 画面占有率: 82.4%
重さ 176g
本体色 Onyx Black, Red
システム
OS Android 9.0 (Pie) , ピュアアンドロイド
SoC Qualcomm Snapdragon 636
CPU Kryo 260 8コア, 1.8 GHz
GPU Adreno 509
ベンチマーク Antutu7 : 110000, エントリーレベルの性能スコア
メモリ
メモリ(RAM) 4GB
ストレージ 64GB , sd_card microSD最大256GBまで

スマートフォンも6.24インチ、フルHD+のディスプレイを搭載。

画面の大きさが6.24インチと最近のスマホの中でもやや大きめサイズです。スマホで動画を楽しみたい人には良い大きさです。

OSは2019年10月時点だと最新クラスのAndroid 9を搭載していて、CPUは「中の中」クラスの性能を持つ「Snapdragon 632」が搭載されています。

また、メモリ4GB、ストレージ64GBと共通。背面に指紋センサーが搭載、NFCも搭載されています。

スマホの動作をサクサクにするために必要なメモリも4GBと十分な大きさで、そこそこの性能を持つCPUと合わせて、多くの場面でスマホを快適に動かしてくれますよ。

そもそもMotorolaとは?信頼できる会社?

「Motorola」は、アメリカの電子・通信機器メーカーです。設立は1928年で、かなりの老舗メーカーです。

日本ではあまり聞き慣れない名前かもしれませんが、実はガラケー時代からケータイが販売されてたりします。しかも割と最先端のケータイです。

ただ新しすぎる技術のせいか、日本ではそこまで爆発的に売れたわけではありませんでした…。ですが、古くから根強いファンも大勢いる実は人気のあるスマホメーカーなんです。

moto g7は、2019年夏に登場した「moto g7」シリーズ3種類の中では2番めに性能が高いスマホです。

ゲームをそれほど遊ばない方であれば満足できる十分な性能を持っています。

moto g7の一押し機能、ここがすごい「以下の4点」

ここからは、moto g7の特徴を解説していきます。

moto g7や、他社のスマホを強く意識した部分が多いです。もちろん、ただ他社と並ぶだけでなくしっかり強みを押し出してきているので注目です。

自分にとってどれくらい役立つかチェックしてみてください。

Googleレンズも使えるデュアルカメラ

moto g7の背面カメラは2眼の光学式手ブレ補正対応のデュアルカメラを備えるAndroid スマートフォン仕様です。

デュアルカメラ(デュアルレンズ)とは、その名の通り、2基のレンズが搭載されています。

この2つのレンズを使って、背景ボケのあるきれいな写真を撮影することができたり、センサーを生かして、ポートレート写真にボケ味を加えることもできます。

それから、カメラ設定を見ると、一部分だけ色を残せる「スポットカラー」や、写真の色合いを調整できる「カメラフィルター」といった、工夫をこらした設定ができます。

Googleレンズ対応

moto g7は「Googleレンズ」に対応しています。

Googleレンズは、カメラをかざすと映った情報を瞬時に読み取り、 検索したり、情報をテキスト化したりしてくれる便利な機能です。

例えばカメラで写した動物や植物の名前を読み取ったり、写した商品の詳細を調べたりできるんですね。

何気ない機能ですがいろんなことに応用ができそうです。

moto g7 plusはボディの質感がいい

moto g7 plusには、ディープインディゴとビバレッドの2つのカラーリングが用意されていますが、ぼくが購入したのはビバレッド。

赤というよりはワインレッドのような、ちょっと深めの色合い。艶やかな雰囲気を醸し出しつつ、メタリックボディによる高い質感を実現しています。

光沢加工が施されており、色の反射がすごくキレイ。思わず見とれてしまいます。想像していた以上に、高級感がありますね。

moto g7 plusは6.24インチのIPSディスプレイを搭載

ミドルレンジのSIMフリースマホmoto g7は、サイズが約6.24インチ、解像度が2,270×1,080というフルHD+で表示できるディスプレイを備えています。

前面の縁ギリギリまでがディスプレイで、上部にはカメラレンズのためのしずく型ノッチを採用。

液晶表示が綺麗なので、写真を表示するのが楽しくなります。すごく瑞々しい表現が可能。あと映像を見たときの没入感がすごいですね。

タッチパネルの反応ですが、ちょっとカクつくことがあります。残念ながら、ハイエンドモデルのようなヌルヌル感はないですね。

大容量バッテリーでも短い充電時間

moto g7には充電器が付属していて、付属の充電器では通常以上の急速充電が可能です。バッテリー容量は3,000mAh。iPhone XSが2,658mAhなので、大容量の部類に入ります。

実際に、Amazon Prime Videoをディスプレイの明るさ80%で3時間ほど視聴していたところ、バッテリーは22%しか減少していませんでした。

なんと15分充電充電するだけで9時間も使えてしまうくらい、素早く充電できるんです。

あっという間に大容量の充電ができるので、待たされるストレスが発生しません。

LINEモバイルではスマホが同時に買える

LINEモバイルでは申込のタイミングでスマホの同時購入が可能で、
moto g7は、1活払だと30,800円(税抜)で24回払いは月額1380円で購入可能です。

それから、乗り換え後の月額料金を5ヶ月間下げられるだけでなく、5,000円相当のポイントももらえます。LINEモバイルでは、様々なキャンペーンを実施していますので、うまく利用したいものです。

5ヶ月間お得に格安SIMを使いたい方は、LINEモバイルでmoto g7を購入してみてはいかがでしょうか。

ここで買えるスマホは全て「SIMフリー」ですので、どの会社でも使用することができます。LINEモバイルではもちろん、docomoでもauでも、はたまたDMM mobileやマイネオでも…。

申込方法ですが、LINEモバイル公式サイトで申込む時に、上の画像のような「申し込み内容選択」の項目がありますので、左の「端末+SIMカード」にチェックを入れ、その次の項目で買うスマートフォンを選んでいくことで申し込みができます。

まとめ

以上、LINEモバイル(ラインモバイル)で発売中のmoto g7 plusについて見てきました。

特筆すべきはボディの質感の高さ。デザインがいいので、使っていて満足度が高いですね。性能面でも、Web閲覧/SNS/動画再生といった、一般的な作業であれば、サクサク快適に処理できています。

ポイント
  • moto g7は、moto g7シリーズ3機種のうち2番めに高い性能
  • 全体的に過不足ない性能、ゲーマーのみ快適に遊べないケースもあるので注意
  • LINEモバイルやIIJmioはSIMカードの料金がキャンペーンで割引

新しいスマホが欲しいけど購入費用はできるだけ安く抑えたいと考えている方は、moto g7を選べば大いに満足できるかと思いますよ。

LINEモバイルに乗り換えてみたいと思った方は、LINEモバイルへの乗り換え(MNP)徹底解説ページのほか、メリット・デメリットも詳しく解説してあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。

それではこの記事のポイントを以下にまとめます!