この記事でわかること!
  • HUAWEI nova lite3がオススメな人
  • スペック、料金
  • お得な購入方法

このページでは、LINEモバイルで購入可能なHUAWEI nova lite3の情報を簡単に説明しております。

HUAWEI nova lite3は、2万円台で買えるスマホながら、美しいデザインや安心のセキュリティ、優秀なカメラを始めとする驚きの機能が充実。

そんなオススメのスマホをあらゆる角度からオススメポイントをご紹介します。

LINEモバイルで購入可能「HUAWEI nova lite3」2019年2月発売

2019年2月1日、LINEモバイルから「HUAWEI nova lite3」が発売されました。ユーザーからはコスパ最強スマホとして発売前から噂されていました。

nova lite3はHuaweiが製造・販売している格安スマホで、上位機種のMate、Pシリーズよりもスペックを絞り込んだ機種。

メーカーは世界第3位のスマホメーカー「Huawei(ファーウェイ)」。年々技術力を高める会社として話題を集めています。

Huaweiのスマホにはシリーズ物があり、その中の1つに今回紹介しておりますが人気novaシリーズが2019年2月に発売されました。

Huawei シリーズ
  • Mateシリーズ
  • Pシリーズ
  • honorシリーズ
  • novaシリーズ

手頃な価格に必要十分なスペックを兼ね備えたコスパの高いミッドレンジモデル。 緩やかなカーブを描く背面や、丸みを帯びた側面により、手のひらに心地よくフィットする形状になっている。 Pシリーズと同様、『lite』版もある。

HUAWEI nova lite3も3万円を切る価格にも関わらず、高いデザイン性と十分なスペック、流行りの機能を合わせ持ったお得感の高いスマホになっています。

機種名 HUAWEI nova lite3
メーカー HUAWEI
一括払い料金 26,880円(税抜)
分割払い料金(24回) 1,220円 / 月(税抜)

HUAWEI nova lite3のスペック表

HUAWEI nova lite3のスペック表です。

先にお話すると、他のスマホと比べるとずば抜けてスペックが高いわけではありません。そのため、nova lite3は普段からゲームなどをガッツリやらない一般的な使い方などにオススメスマホですね。

HUAWEI nova lite 3
スペック表
メーカー SHARP
発売日 2019年2月1日
一括購入価格(税抜) 26,880円
24回分割(税抜) 1,220円 / 月
CPU HUAWEI Kirin 710
オクタコアCPU
RAM 3GB
保存領域 32GB
ディスプレイ 約6.21インチ
(2,340×1,080)
背面カメラ 約1,300万画素+約200万画素
前面カメラ 約1,600万画素
レンズの数 3
バッテリー 3,400mAh
充電端子 MicroUSB
防水 ×
指紋認証
顔認証
SIMスロット数 2枚
nano、SIMカード

「nova lite 3」の基本スペックは、OSが「Android 9.0」、CPUが「Kirin 710」、メモリーが3GB、ストレージ容量が32GB(microSDスロットは最大512GBに対応)、バッテリー容量が3,400mAhで、格安スマートフォンとしては十分な構成。

保存領域やメモリ、バッテリーなど、全体的に同価格のスマホよりも高水準です。

さすがは19年の最新スマホ。3万円未満でこれだけのスペックが詰め込まれているのは驚きです。

もちろん、高価格帯のスマホと比べると少し見劣りします。特に32GBのストレージ容量。microSDカードによる拡張が可能だが、SIMカードスロット1基分がmicroSDカードとの排他利用になるため、DSDVでの運用を考えている人は注意。

普段使いで困ることはないでしょう。むしろサクサクに動きます。

HUAWEI nova lite3の特徴

ここからは、HUAWEI nova lite3のすごいところを紹介していきます。

スマホを選ぶ上で決め手となるメリット・特徴の部分だね。

期待している性能になっているか、ばっちりチェックしていきましょう。

高性能カメラ「1300万画素、インカメラ1600万画素

HUAWEI nova lite3の最大の特徴はなんといってもカメラ性能です。

nova lite 3のメインカメラには1300万画素/F1.8と被写界深度を測定する200万画素、二つのレンズがあります。

この二つめのレンズは、ほかのHUAWEIスマホ同様、被写界深度測定用。後述する「ワイドアパーチャ」機能で作品作りに活かせます。

インカメラは、なんと1,600万画素。細かな部分まで撮れます。

本機のものはライカ監修ではないのですが、カメラを向けるだけでシーンを自動で認識、最適なカメラ設定を行う「AIモード」が搭載されています。

撮影中も撮影後も頼れるAI

ただ画質や解像度が優れているだけでなく、AIをフル活用した撮影ができるんです。

AIはとにかく様々な場面で活躍します。背景や被写体によって22のカテゴリーと300のシナリオをAIが判断して、その場で最適な写りになるよう調整してくれます。

「こんなにキレイに写るの??」とビックリするくらい期待を超えた写真が撮れます。

2万円台で大画面、高精細

HUAWEI nova lite3は、26,880円という価格ながら、大型ディスプレイが特徴的。

nova lite 3は格安スマートフォンながらも、しずく型ノッチを搭載し89%という画面占有率を実現。ディスプレイは約6.21インチのTFT液晶(2310×1080)。

6.21インチというと、iPhoneXやiPhoneXRよりも大きいです。これだけあれば、YouTubeだって映画だってノンストレスで見ることができます。

それでも幅は約73.4mm、厚さも約7.95mmに抑えてあるため、女性でも持ちやすいサイズ感です。

もちろん、ドットの目も細かいです。2,340×1,080の解像度ですので、iPhoneXと同じ水準となり、iPhoneXRよりも目が細かいです。

ハンサムなのは前面だけではありません。思わず「おっ」と声が出てしまうほど、背面も美しいのです。

顔認証&指紋認証をバッチリ完備

Androidスマホであれば、数字だけのPINコード、英数字を組み合わせたパスワード、最低4つのドットを一筆書きするパターンという3つのロック画面解除方法が用意されています。

しかし、よりセキュリティ面を高めるためにHUAWEI nova lite3には、顔認証&指紋認証が付いています。

フロントカメラ(1,600万画素)による顔認証と背面にある指紋センサーによる指紋認証に対応。顔認証は、まれにうまく認識しないことがあったが、指紋認証と併用することで、スムーズな端末解除を行える。

また、nova lite3では、指紋認証だけでなく顔認証もできるために手が濡れていたり、手袋をしているとロック解除ができなかった利する状況でも、顔認証ができるのが意外に便利。

2万円台で生体認証をバッチリ完備しているのが、HUAWEI nova lite3を選ぶメリットです。

HUAWEI nova lite3のちょっと気になるところ

ここからは、HUAWEI nova lite3のデメリット&弱点を紹介していきます。

賢くスマホを選ぶには、注意点もしっかり押さえておく必要があります。「こんなはずじゃなかった…」を避けるため、順番にチェックしていきましょう。

防水ではない、、、、

HUAWEI nova lite3は防水防塵には対応していないという事です

気になるのが防水機能で、風呂で浴槽につかってゆっくりとスマホを見たいものですが、防水機能がついていないのはちょっと寂しところがあります。

まぁ3万円程度の格安スマホであれば仕方ありません。濡れないように気を付けましょう。HUAWEI nova lite3のは、水分に十分気をつけて使用する必要があります。

防水防塵が必須でさらにそれなりの性能が必要なら、ちゃんと防水防塵を有しているメーカーの端末を選んだ方が確実。

おサイフケータイには非対応

残念ながらHUAWEI nova lite 3はサイフケータイに対応していません。

最近だとキャッシュレス化が進んできていますし、都会だと財布を持たなくても困らなくなってきました。

まあ毎度のことなので分かってはいましたが、「そろそろ対応してくれてもいいんじゃないかなー」と思っていたので残念です。

また、NFCを搭載していないため、おサイフケータイとして使うことはできません。

多少のデメリットはありますが、価格の安さを考えれば、納得できるレベルだと思います。

LINEモバイルではスマホの同時購入がお得

HUAWEI nova lite3はLINEモバイルの申込のタイミングで同時購入ができます。

購入については、一括と分割支払いを選ぶことも可能で、毎月の料金に含めるイメージで持つことができます。
一括購入は26,800円、24回分割は1,220円。

一括購入で2万円をやすいと思うか、高いと思うかは人スレぞれですが、一括で払うのはちょっとお財布に負担がかかる場合は、
24回に分割して支払えば、月あたり1200円を選ぶのも1つです。

申込方法ですが、LINEモバイル公式サイトで申込む時に、左の「端末+SIMカード」にチェックを入れ、買いたいスマートフォンを選ぶことで申し込みができます。

あと、LINEモバイルのデータ容量3GBを選んだ場合は、月々たった2,290円で済みます!

まとめ「HUAWEI nova lite3は迷ってるなら買いのスマホ」

今回は、LINEモバイルのHUAWEI nova lite3について、詳しく説明してみました。

最終的に言えるのは、HUAWEI nova lite3が向いている方は、3万円未満のスマホを探している方や予算は抑えたいけど、一定以上のスペックのスマホが欲しい方、それからコスパ重視でスマホを選びたい方におすすめのスマホですね。

以上となりますが、ぜひとも格安SIM選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。