こんにちわです。

LINEモバイルを利用しているテンです!今回のページでは、LINEモバイルのプランの一つ『データフリー』の「価格、内容、メリット、デメリット」を”ざっくり”お話しています。

ぎょろめぎょろめ

「え~っと、データフリーってことは、ようするに契約すれば無限にインターネットや電話ができるってこと?」

BB

「ぜんぜん違いますよ」

データフリーの特徴は、月額料金が500円で1GBのデーター容量のインターネットが楽しめます。また、最大の魅力はSNSは制限がなく使い放題なんですよね!

でわ今回のページでは、LINEモバイルのプランの中で一番安いデータフリーに関してお話をしていきたいと思います。

LINEモバイルのプランでひときわ目立つ”LINEフリープラン”

ぎょろめぎょろめ

「LINEモバイルには、何種類かのコースがあるのはわかってるんですが、どれが良いのか詳しいことまではわかんない」

イッソイッソ

まず、LINEモバイルでは、インターネットや音声通話(電話)ができるようにシンプルな3種類のプランが設定されています。

 

LINEモバイル・プラ
  • LINE フリープラン
  • コミュニケーションフリープラン
  • MUCIC+プラン

まず、LINEフリープランの特徴がこちらですね。今回は「LINE フリープラン」の料金や内容を簡単にですが、お話したいと思いまず。

LINEフリープランざっくりと説明すると
  • データ容量は1GBのみ!
  • ?データ専用SIMでSMSはプラス120円
  • 低速モードがないので節約が難しい
  • SIMの種別は契約後に変更できない
フリープランが向いている人
  • スマホを使いたい方
  • とにかくLINEだけをしたい型
  • 子供やおじいちゃん、おばあちゃんの連絡用にしたい方

LINEモバイルの人気のプラン「LINEプラン」では、上記のような特徴があります。

格安SIM会社とは違うLINEモバイル「フリープランの特徴」

LINEモバイルのプランの中で一番安い「フリープラン」月500円という破格の料金ですが、この価格の安さには大きく関係しています。

ぎょろめぎょろめ

「で、結局は何ができて、何ができないの?」

イッソイッソ

「いい質問ですね!」

まず簡単にお話すると、このようになります。

LINEフリープラン
できること!
  • データ容量は1GB
  • LINEがカウントフリー◎
  • 追加料金でSMS、音声通話
できないこと、、、
  • Twitter、Facebook、Instagramのデーターフリー×
  • データ容量が3~10G

上の表で記載されている「データ容量、SMS、音声通話、カウントフリー」という。

LINEモバイルの機能
機能 意味
データ通信 インターネット通信機能
SMS 電話番号を使ったショートメッセージ機能
音声通話 電話番号を使った通話機能
カウントフリー あるサービスを利用する際、そのデータ通信量を数えない

LINEモバイルのフリープランには、標準では「SMS、音声通話」が設置されておらず、「データ通信の容量が1GB」のみ搭載となっています。

 

ぎょろめぎょろめ

「ふぇ~え、っで、そのデータ通信っで何ができるんだっけ?」

イッソイッソ

「データ通信では、インターネットを利用して、メール、WEB、youtubeなど、データーを送ったりサイト観覧することができます」

ぎょろめぎょろめ

「データの容量が1GBって、多いの?てか、ツイッターやフェイスブックはダメなの?」

イッソイッソ

「では、一つづつ、簡単に説明していきます。」

LINEモバイルのフリープランのデータ容量が1GB「何ができる?」

フリープランの特徴は月額料金500円でデータ通信1GBが楽しめます。

ぎょろめぎょろめ

「あの、ぜんぜん想像できないんですけど?」
「1GBって、結局はどれくらいなの?多いいの、小さいの?」

イッソイッソ

「このデータ容量は、使う人によって”多い”小さい”は異なってきますね」

1GBというとずいぶん少なそうな気がしますが

たとえば、1GBのデータ容量があれば、このようなインターネットが楽しめます。

1GBのデータ容量の例
サイト 約4,000回(1回300KBとして計算)
メール 約66,000通(1通300字として計算)
YouTube 約4時間(画質240pで計算

「もう少し詳しくお話ししますと、このようになります」

サイトでデータ1GB観覧すると

インターネットのyahooやgoogleなどの検索を利用した時、1回あたりのデータ容量が約200~300KBと言われています。ただし、yahooのトップページなど、文字だけでなく広告や画像など容量の高い容量が記載されていますので、あくまでも、おおよその数字。

たとえば、毎日のようにyahoのトップページのような、広告や画像の多い記事を見た場合、1日に約100回以上(1ヶ月、3,000~4,000回)は拝見することが可能。

1GBでメールの送信量は?

メールについては、約20万回も送信することが可能。

ただ、文字だけでなく画像を設置する場合は、データー容量が高くなるために、回数は下がります。

たとえば、画像の中でも高画素数の高い500~800万画素数を設置すると、メール送信の回数は、一気に下がり200~300送信になります。

もし、メール送信だけを考えている場合は、まず画像の容量などをチェックしておきたいところ。

また、メールは送信だけでなく、受信もカウントされます。

ぎょろめぎょろめ

「あ~、ありがたいメールだったら良いんですけど、なんも知らん人から大量に来たら、おいらブチギレると思う、マジで」

イッソイッソ

「ですね。」

YouTubeの動画は何時間見れる?

それから、データ容量で一番重いのが動画。

サイトやメールの観覧と比較すると、動画はすぐにデータ容量が上限にきてしまいます。

例えば、YouTubeには画面の画質を設定することができ、こちらでデータ容量が大きく変わるんですが、その中で低画質の240pに設定して、約1時間ほど見ていると、容量が約250MBになります。

LINEフリー1GBを使い切ったら低速モードが使えないので節約が難しい

LINEモバイルの一番安いプラン”データフリー”では、通信量を使い切ったときに速度制限がかかりります。
あくまでも、速度制限により、スマホからインターネットの利用ができなくなるわけではなく、低速モードになります。
低速モードの通信速度は最大200kbps。
高速通信で動画などが見れたのが、低速モードにより観られなくなったり、ホームページが開くのに時間がかかったりと、イライラしたり、支障をきたすことも、、、
ちなみに低速モードは、LINEモバイルのデータフリーだけでなく、他の2種類のプランに共通しています。
データフリーのデーター容量をうまく使わないと、気づいたときには低速モードになってしまうことも、、、
高速通信を取り戻すには、次の月まで待つか、もう一つが追加課金を支払うという手段もあります。
追加のデータ通信容量は3種類で0.5GB(500円)、1GB(1,000円)、3GB(3,000円)です。
ぎょろめぎょろめ

「どうしても必要なときには仕方ないですな~」

イッソイッソ

「そうなりますね」

ただし、追加のデータ容量には有効期限があり、翌月末日までとなりますので、こちらもある程度の計画が必要になりますね。

LINEモバイルのLINEフリープランの注意点

LINEフリープランでは、LINEを利用する場合においては、通信がノーカウントになります。

ノーカウントとは、カウントフリーとも呼ばれていますが、意味としてはデータ通信量を数えない、つまり、インターネットのLINEを使用したとしてもデータ量に”加えない”というLINEモバイルのサービスの一つなんですよね。

ぎょろめぎょろめ

「え~、ちょっと、イマイチ意味分かんない」
「さっきの『メール、WEB、動画』を使っちゃうと1GBのデータ容量までとは違うってこと」

イッソイッソ

「そのとおりです。」

ぎょろめぎょろめ

「あと、LINEって、あのLINEですよね?」

イッソイッソ

「あのLINEですよ」

LINEの機能
トーク
グループトーク
スマホやタブレットなどでチャットのようにメッセージのやり取りができる
スタンプ
イラスト
チャットする際に文字の変わりに送る画像のこと
無料通話 通信や発信が関係なく無料で会話ができる

それから、LINEモバイルの他の2種類のプランには、LINEだけでなく「ツイッター、フェイスブック、インスタグラム」がノーカウントで楽しむことができます。

LINEモバイルのプラン
プラン 特徴 SNS種類
LINEフリープラン フリープラン LINE
コミュニケーション
フリープラン
LINE
Twitter
Facebook
Instagram
MUSIC+

 

LINEモバイルのデータフリーの標準プランには音声通話機能は設置されていない

LINEモバイルのデータフリーの標準プランには、1GBのデータ容量のみで音声通話機能は設置されていません。

ぎょろめぎょろめ

「なにその音声通話って?電話のこと?」

イッソイッソ

「まぁ、ようするに、そうですね」

音声通話機能(音声通話SIM)とは?
  • データ通信に加えて音声通話ができるSIM
  • 090、080、070で始まる携帯電話番号を持つ
  • キャリアや他SIM会社から電話番号を引き継ぐことができる
  • SMSも利用可能

音声通話機能が設置されていないと、電話回線を使った通話はできないということになります。つまり、今まで使っていた電話番号を使えなかったり、スマホから固定電話や、携帯電話の電話番号に電話をかけることができません。

 

ぎょろめぎょろめ

「でも、なんか寂しい~、、スマホがあるなら、電話かけたいし、やっぱ、かかってきたいじゃん!」

イッソイッソ

「データフリーには、+700円(毎月)を追加することで、音声通話機能ができ電話番号があたえられます。」

ただ、LINEアプリでの通話を使うようになれば、無理に音声通話を設定する必要はありませんね。

LINEアプリ通話を利用

LINEのトークや通話、ビデオ通話を無料で使い倒すことができます!

先程も少しお話しましたが、LINEモバイルのフリープランでは、SNSがタイムフリーで利用が可能です。

このSNSに、LINEが含まれており、こちらでは「トーク(チャット)・音声通話・ビデオ通話」が楽しめます。

データフリー「データ容量からSMSや音声通話に変更はできる?

データフリーのデータ通信のみは、契約後は変更ができません。

LINEモバイルでは、同じプランの中でも、他へ変更が一切できないようになっています。

たとえば、現在利用しているデータフリーを契約し使っている途中で、電話番号を設定したいという願望が湧いて、同じデータフリーの音声通話(+SMS)は追加で設定できません。

変更やデータの追加を行う場合は、現在契約していデータフリー(容量1GB)を一度解約して、新規で契約(データー通信+SMS+音声通話)する必要があります。

 

ぎょろめぎょろめ

「ちょっとまった!」

イッソイッソ

「途中で解約すると、お金を払わなくちゃいけないんじゃないの?」
「大丈夫ですよ」

データフリーのデータ容量SIMをご利用の場合は、「契約してから解約する期間」に縛りがありませんし、解約手数料も発生しませんので、金銭的には問題はないはずです。

ただ、LINEモバイル公式サイトにて、解約と新規登録を行わなければいけないのは、少し面倒かもしれませんね。

一部のSMSや音声通話は変更可

LINEフリープランの「データ通話+SMS付き」から「データ通話+SMS付き+音声通話」へ変更するのは不可能。

ただし、『フリープラン』の「データ通話+SMS付き」や「データ通話+SMS付き+音声通話」は、
『コミュニケーションフリープラン』『MUSIC+プラン』へ変更することは可能です。

LINEフリープランの月額料金はワンコインの500円から!

ぎょろめぎょろめ

「そのLINEフリープランの一ヶ月の支払う料金って、どんぐらいなんですかね?」

イッソイッソ

「LINEモバイルのプランは大きく分けて3種類ありますが、この中でフリープランは一番安いのが特徴!」

 

各プランの料金を一覧にまとめました。

LINEモバイル・プラン
・LINE フリープラン
容量、データ通信/月、データ通信+SMS、データ通信+SMS+音声通話
1GB、500円/月、620円/月、1,200円/月

・コミュニケーションフリープラン
容量、データ通信/月、データ通信+SMS、データ通信+SMS+音声通話
3GB、なし、1,100円、16,90円
5GB、なし、1,640円、2,220円
7GB、なし、2,300円、2,880円
10GB、なし、2,640円、3,200円

・MUCIC+プラン
容量、データ通信/月、データ通信+SMS、データ通信+SMS+音声通話
容量、データ通信/月
3GB、なし、1,810円、2,390円
5GB、なし、2,140円、2,720円
7GB、なし、2,700円、3,280円
10GB、なし、2,940円、3,520円

上部の評を見ていただくとおわかりの通りで、
LINEモバイルの中で、フリープランのデータ通信のみだと1ヶ月で1コインの500円になります。

ただ、フリープランの1GBなら「テキストメール、検索(ホームページ、ブログ)を表示し観覧することができたり、youtubeの動画を見ることができます。

また、このフリーではLINEアプリの通話・トークがデータ消費ゼロですので、子どもがはじめてのスマホを持たせたおすすめ。

ただ、ツイッターやフェイスブックなどのSMSのアプリを随時チェックしたり、記事を書いたりすることができません。もし、SMSを利用したい場合は、+120円(月々)を支払うことで、データ通信量が可能になります。

 

たったの500円でネットやLINEが楽しめる魅力的プラン

今回のページでは、LINEモバイルの1ヶ月の金額がワンコインである500円でネットやSNSが行えるプランのお話をしてみました。

いかがでしたでしょうか?

肝心なポイントは、LINEモバイルのデータSIMは最安月額500円という安さ、データ容量が1GB、そして何よりポイントになるのがLINEや主要SNS(フェイスブック、ツイッター、インスタグラム)のデータ通信量が使い放題、LINEアカウントを作成できます。

ただし、低速モードが使えないので節約が若干ですが難しく、 SIMの種別は契約後に変更できませんので、最初は手こずるかもしれませんね。

あくまでも、すべての人におすすめできるプランではありませんが、利用する人によっては、とにかく安くスマホを使いたい方、小学生や高齢者の方の連絡用として、またはLINE以外の一部のデータ通信として使ってもいいかと思います。

価格が安い中で、満たされる人も多いはず。

今回の最新情報のお話が、お役にたれれば幸いです。