このページでは、oppo a5を徹底的にまとめていきます!

oppo a5が気になってこのページを訪れたあなたは、スマホを選ぶ目が優れているかもしれません。

というのも、oppo a5はその値段と優れた機能から、どこのショップでも品薄、もしくは売り切れ状態だからです…!

この記事でわかること!
  • OPPO Reno Aを選ぶべき3つのメリット
  • スペック&料金
  • お得な購入方法

OPPO A5は手ごろな価格で高性能なカメラや大容量バッテリーを搭載した高コスパモデルだよ!

OPPO A5 2020は中国のスマホメーカー「OPPO」から発売されているSIMフリースマホ。

約3万円という手ごろな価格ながらも、高性能カメラ!

計5つのカメラを1つのスマートフォンに収めています。最大1200万画素のメインレンズ。パノラマ写真用の119o超広角レンズ。 芸術的なポートレートフィルターを提供する2つのレンズ。

5,000mAhの大容量バッテリー!!

ということで、今回はoppo a5をテーマにお届けしたいと思います。

【結論】OPPO A5 2020は今必要な機能が詰め込まれたスマホ

まずはこの記事の結論からお伝えします。

OPPO A5は超絶コスパのスマホ。“今”必要な機能が全て盛り込まれているんです…!なのに安い…。

具体的には以下の機能です。

  • 手ごろな価格で高機能カメラ
  • バッテリー容量が高い
  • DSDVとmicroSDカードを併用

どうですか?あなたが必要としている機能がおそらく搭載されていることだと思います。

OPPO A5はアウトカメラが4つのレンズで構成される「4眼カメラ」となっています。広角な写真や夜景など、ハイエンドモデルにも負けない多彩な写真が撮影可能です。

さらに、電池は大容量の5000mAh。バッテリーを重視する方にもおすすめですね。そして画面はHDの低解像度(低解像度ほど電池持ちがアップ)です。

加えてOPPO A5は2枚のSIMを同時待ち受けするDSDVに対応し、トリプルスロットなのでmicroSDカードも使えます。2枚のSIMを使い分けたい方や、頻繁に海外に行く方にはピッタリです。

これだけ充実して価格は約3万円!

OPPO A5 2020の基本スペック

続いてOPPO A5のスペック詳細を見てみましょう。

OPPO A5 2020のスペック(性能)
CPU CPUオクタコア2.0GHz+1.8GHz SDM665
RAM 4GB
ROM 64GB (UFS2.1対応)
Antutu 168,625 (V8.0.3-OB)
ディスプレイ 6.5インチ / TFT液晶
解像度 1600×720 HD+、画面比率20:9
カメラ 1200万画素(F値1.8)+超広角800万画素(F値2.25)+ポートレート200万画素
(F値2.4)+モノクロ200万画素(F値2.4)/前面1600万画素(F値2.0)
電池容量 5000mAh
サイズ 163.6 × 75.6 × 9.1mm
重さ 195グラム
連続待受 不明
充電時間 実機テストで約180分
本体カラー ブルー、グリーン
価格 定価2万6800円(購入する場所で変わります。最安値1万9000円)

CPUにはミドルクラス向けの最新モデル「Snapdragon 665」を搭載しています。

「A5 2020」は超広角、広角、モノクロ、ポートレートの4つのカメラと、他のスマートフォンにも給電(リバース充電)できる5000mAhのバッテリーを備えたスマートフォン。

チップセットはSnapdragon 665のオクタコア(2.0GHz+1.8GHz)で、メモリ(RAM)は4GB。ストレージは64GBで、microSDXC(最大256GB)。カラーはブルー、グリーン。

処理性能が比較的高く、よほど重くなければ3Dゲームもプレイ可能。

OPPO A5のイチオシ機能

全体的なスペックがご紹介できたところで…

ここからはOPPO A5の一押し機能を見ていきます。

高品質な4眼カメラで多彩な写真を撮影可能

今回2万円台で4眼カメラに大容量バッテリーを備えている、OPPOのコスパ重視モデル「OPPO A5 2020」です。

この「OPPO A5 2020」の大きなポイントの1つであるカメラ、2万円台の価格で4つのもカメラを備えています。4つのレンズで構成される「4眼カメラ」は日本では珍しいスマホですね。

OPPO A5 2020のカメラ性能
メインレンズ 1,200万画素(f/1.8)
超広角レンズ 800万画素(f/2.25)
ポートレートレンズ 200万画素(f/2.4)
モノクロレンズ 200万画素(f/2.4)

OPPO A5 2020は4眼カメラですが、4眼のうち2眼はサポート的な役割。

普通に写真を撮るときは1200万画素(F値1.8)を使います。風景などで広い範囲の写真を撮りたい場合に超広角800万画素(F値2.25)を使います。通常モードと比べると全体的に色が濃い仕上がりとなっており、撮影シーンによっては雰囲気のある写真。

背景をぼかすポートレートモードも備わっています。ポートレート200万画素(F値2.4)は、背景のぼかし効果を高めるサポート。ただしポートレートモードを使用すると通常モードと比べ、落ち着いた色合いな仕上がりになる所は好みが分かれそうです。

特に集合写真や大きな建物やオブジェクトの撮影などで活躍できそうです。

最近はデュアルレンズやトリプルレンズといった「多眼カメラ」が流行っていますが、4眼カメラというのは珍しいです。

AI機能

AIが被写体やシーンに合わせて自動で撮影モードを選択してくれるので、設定を変えたりしなくてもキレイな写真が撮影できます。

AIが自動で補正をしてくれる「A.I.ビューティ機能」を搭載していますので、そのまま撮影するだけで、自然で美しい自撮りが撮影できます。

アウトカメラはもちろん、インカメラで自撮りを撮ることが多い人にもおすすめ.

スマホカメラでこだわりの写真を撮影したい方には、少し物足りないかもしれませんが、あらゆるシーンでキレイな写真が撮影でき、全体的に見ても十分常用できるカメラ性能を備えています。

大容量バッテリ

OPPO A5 2020の最大の特徴で強みは、電池持ちが超良いところが大容量バッテリー!5,000mAhの大容量を搭載しています。

一般的に利用されているスマホのバッテリーは3,000mAh。コレでも多いと言われていますが、5,000mAhだと長時間バッテリーをキープしてくれます。

そのために、一日に一回の充電が必要なくなります。
たとえば、毎日のように、スマホでゲームや動画を楽しむとなると、1日に充電が2回必要になることもあります。

しかし、電池は大容量の5000mAhなら長時間キープしてくれます。動画を視聴しているときや、ゲームをしているとき。外出するときも充電の心配をする必要がなく、安心して使うことができました。

また、CPUはSDM665で省エネ性能が高い、そして画面はHDの低解像度(低解像度ほど電池持ちがアップ)です。

大容量バッテリーにより、HDビデオを11時間以上再生できる電池持ちを実現してくれます。

DSDV対応&トリプルスロットでmicroSDカードも併用

OPPO A5は2枚のマイクロSDカードを4G+4Gで同時に待受けできる「DSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)」に対応しています。

microSDカードを調べていると、色々規格があってよくわからないですよね。
簡単に下記で解説したいと思います。

microSDカードは保存できる容量の拡張に伴い、新しい規格が登場してきました。
規格の名前と容量を下記にまとめました。

規格の名前 保存容量
microSD ~2GB
microSDHC 4GB~32GB
microSDXC  64GB~

さらに、SIMカードスロットとmicroSDカードスロットが独立した「トリプルスロット」なのでDSDVとmicroSDカードを併用可能です。

あと、メーカ公式サイトには 「最大256GBの外部メモリ(microSDカード )」まで対応しています。

oppo a5はここが惜しい

カラーバリエーションが少ない

oppo a5のカラーバリエーションは2種類のみ。「ブルー」と「ブラック」のみの。

「もっとかわいい色があればいいのに…」と思うのが本音です。

ピンクとか合ってもいいと思うんですけどね…。
気になる方は、ケースやカバーを使って雰囲気を変えてみるのがおすすめです。

防塵には対応していない

格安SIMに乗り換えたいが、防水やおサイフケータイは外せないが、
OPPO A5はは対応していますが防水はない。

特に男性の方で多いのがポケットにスマホを入れている方です。ポケットにスマホを入れていると、トイレに入った際に水没させる危険性が高い、、、

最低限の予防としては、標準に設定されているクリアケースを取り付けておきたいところ。

ちなみに、防水防塵対応については、IP5Xの防塵のみの対応となるため、水廻りや結露などには十分、注意して利用したい。

LINEモバイルでoppo a5を同時購入する

LINEモバイルでは申込のタイミングでスマホの同時購入ができます。
OPPO A5の販売価格は以下の通りです。

支払い方法 価格
一括払い 26,800円
24回払い  1,190円×24回

LINEモバイルでPPO A5を購入する場合の一つの特徴が回線です。、回線は「au、ドコモ、ソフトバンク」すべて選ぶことができます。

すべての回線を自由に選べるのはLINEモバイルの特権。それを十分に活かすことができます。欲しかったスマホなのに選びたい回線で選べない…!なんてことはないので安心して購入することができます。

LINEモバイルはLINEやSNSがデータ通信量を消費せず使い放題になる「データフリー」に対応しています。

LINEやSNSのヘビーユーザーなら、LINEモバイルにすることで月額料金を大幅に節約することも可能です。

月額料金が安くなることで、トータルすると他社で買うよりお得になることもありますので、SNSをたくさん利用する場合はLINEモバイルも良い選択肢だと思います。

ちなみに、LINEモバイルでスマホを同時購入すれば、LINEモバイルを使う設定が全て完了した状態でお家へ配達されます。

まとめ

今回は、OPPOのa5の内容をお伝えしました。
OPPOは、固定ファンが多いモデルで、好きな人も多いんですよね。

この記事でわかったこと!
  • 4眼カメラを搭載
  • 5,000mAhの大容量バッテリー搭載
  • DSDV対応でトリプルスロット
  •  比較的高性能なCPU搭載

話をまとめると、OPPOのa5には防水やおサイフケータイには非対ですが、コストパフォーマンスが高い!

5,000mAhの大容量バッテリー搭載で電池持ちが良いので、動画が見れたりゲームを楽しめるはず!あと十分なカメラも!

これだけ充実して約3万円というのは破格の安さと言えますよね◎

よかったら参考にしてみてください!